古いものからの解放

Pocket
LINEで送る

今日は早朝に りゅうくんが
夜勤から帰って来たことに気付くと
何故かわかりませんが 物凄い理由なき
イライラが突然襲ってきました

りゅうくんが何をした というわけではなく
イライラの正体が全くわからなかったので
神様に一体これは何ですかー!取ってください!と
叫びました

すると りゅうくんにマッサージを
してもらうようにと示されました

実は結婚して少し経った頃にも
りゅうくんから毎日マッサージを
してもらうようにと示されたのですが

今日は様子が違っており
ある場所をほぐしてもらうと
全身の緊張が突然軽くなりました

その後 体中が(急に血行が良くなったせいで)
痒くなり りゅうくんでは間に合わず
自分でリンパマッサージをしながら
神様取ってくださいー!と再び叫びました

するとまた 全身の痒みが突然軽くなり
りゅうくんに言うと 神様を感じると言っていました

記憶は筋肉に蓄積されるといいますが
肉に残っていた余計なものが噴き出して
取り去られていることを感じ
神様に感謝をしました

ところがです

まだ出勤準備には早い時間だったので
その後 1時間程寝たのですが
物凄く不愉快な夢を見て怒りながら飛び起きました

しかしそれが 昨日の
これは何だろう?と思ったことに対する
答えがこれなのかと直感しました

考え方や価値観が違うと言いながら
神様が本来人に与えている尊厳を
損なうようなことについて
そういうのは嫌だと言っても
わかってもらえなかった

その背後にはたいていの場合 混沌の霊
おかしなものの存在があるです

この人たちには悪気がないからと
反論せずにいたことで 背後の存在まで
知らずに受け入れてしまう結果になってしまい
それが自分を縛っていると感じ

以前記事に書いた 契約を破棄する祈りが
必要であるように感じたので祈りました

御国の方法で罪と向き合う 参照)

長年居たものなのでしつこいと感じますが
神様の平安から出ずに 自分で戦わずに
神様に戦っていただこうと思います

神様にお願いをして 余計なものは
どんどん捨ててしまおうと思いました

Pocket
LINEで送る