城壁を壊す年

Pocket
LINEで送る

引き続き りゅうくんの書いた
神様の物語の話題です

私は神様が示されたら 意味が分からなくても
すぐに行動をしますが 意味が分からないので
本当にこれでよかったのか という思いが
いつまでも付きまとうことが結構ありました

しかし りゅうくんが受け取ってくれた
物語により 何が起きていたのかがわかり
神様がどのようにご覧になっているのかも
示してもらいました

しかし 実は私がそれを読んだから
解放されたのではありません

りゅうくんが受け取るのと同時進行で
まだ文章を読む前に 私自身が
罪悪感から解放されているのです

なんかすっきりしたな~
やっと敵の嘘を打ち砕けたな~と思ったら
りゅうくんが文章を書き上げていて
それを読んで納得する という感じです

りゅうくんは 自分で戦うことではなく
神様の方法で私を邪魔するものを
打ち砕くという本来の役目を
やっと始めてくれたのだと思うのです

神様は エリコの城壁を壊すとき
武器や武力では壊されませんでした

ただ無言で1日1周 6日間エリコの城壁を巡り
7日目には7周し そして雄叫びを上げることで
城壁はガラガラと崩れました
(ヨシュア記6章参照)

2018年は このように城壁が崩れる年と
新年礼拝で牧師が受け取っており
先日 アメリカから来たユースによる
預言の奉仕でも全く同じことが示されましたが

それが現実に起きていることを感じ
とても嬉しく思います

その中で私の役目は先遣隊 先に遣わされて
準備をする者なのだなぁと思いました

今の家に引っ越してすぐに神様が
私たち二人に対して 新しいことを始めるにあたり
ここは最前線なんだよ と示してくださった
その意味をしみじみと実感しています❤

Pocket
LINEで送る