自分の問題とすることで受ける恵み

Pocket
LINEで送る

今日は色々と思うところがあったのですが
色々と思う中で

神様は 人と自分の境界線を
はっきりと区切ることの大切さを
いつも示してくださっているなぁと
感じることがありました

クリスチャンになった頃に
預言者さんから
あなたは食べ物の温度にまで
こだわる人だと言われました

当時は それは私ではなく
当時の主人のことであり
私のことではないと思いました

しかし りゅうくんと結婚すると
りゅうくんが 用意した食事を
放っておき冷ましてしまうことに
怒ってしまいました

折角作ったのに
美味しいうちに食べてくれないことが
とても不満だったわけですが
これこそが境界線の問題です

本来の私は温かいものを
美味しく食べることを幸せだと
感じているのに 自分に対しては
ずぼらになっていたわけです

更に言うなら 自分は手を抜いているのに
りゅうくんに対してはしっかりと
美味しく食べてほしいと
ある意味 投影をしてしまっているわけです

しかし神様は そういった
自分自身の本質を理解した上で
丁寧に扱うことを示されました

それは 神様が私の中に造られた
「良いもの」であり それを
りゅうくんに教えることが
神様のみこころだったからです

もし私が最初からきちんと
自分の本質をわかっていたら
りゅうくんに対して怒るのではなく
教えることが最初から
出来たかもしれないのになぁと
思わなくもありません

しかし 私自身の本質を
引き出す環境を用意されているのも
神様であるので

私自身が理想について
思い巡らすことは
神様のご計画と比べたら
遥かに低いものであり
持っていたら神様のご計画と
競合してしまうのです

そのような思いは抱え持っても
何の益もありませんから
捨ててしまいます

上手に捨てられないなら
手伝ってもらいながら捨てます
(主にりゅうくんに頼むわけですが)

そのように 自分の思いを
捨てることが出来ること

それこそが本当に恵みであり
感謝であるといつも思います

Pocket
LINEで送る