示しと時

Pocket
LINEで送る

少し前に 夢の中で
足に不純物が溜まっていると
神様から示されたのですが

夢で示されたということは
朝起きた時に気付いたわけで
デトックスのための足裏シートは
夜にやりますね~と言いつつ
数日やり過ごしてしまいました

本音言うと 怠すぎて
足裏シートよりも眠りたいと
思ってしまってのことだったのですが

寝不足が解消されたこともあり
昨夜ふとその事を思い出し
神様が教えてくださったことを
蔑ろにしてはいけなーい と
久々に足裏シートを貼って寝ました

すると 朝起きた時にびっくりするぐらい
下半身がすっきりとしていて
本当に 神様が仰有ったことは
真摯に受け止めるべきだと感謝しました

また今日は 早朝から病院で検査があり
朝ごはんを食べることが出来ないまま
病院に行ったのですが

昨夜お休みだったりゅうくんが
今日は夜勤だからと言って
ついてきてくれました

いつも 会社に行くための大荷物で
院内ではお手洗いに行くのも
大変だったので本当に助かりました

しかも予定よりも1時間以上
前倒しで検査が出来たので
買い物をして一緒に
お昼を食べることにしました

朝から何も食べていなかったので
本当は お店にあるフリースペースで
食事を済ませてしまいたかったのですが

神様が 家でお弁当を温め直して
待っている姿が見えたので
物凄い我慢をして家まで帰りました

ですが その時に
最高のものを最高の状態で

という思いがずっと与えられていて
神様は私たちにそのようなものを
与えたいと思ってくださっているのだと
本当に 心から感じました

足裏シートを貼るタイミングも
きっと最高のタイミングだったのだろうな
という思いが与えられました

その後 仕事を終えて家に帰ってくると
りゅうくんが寝る前にセットしてくれた
ご飯が良いタイミングで炊き上がっており

普段なら家に帰ったらまず
賛美歌をかけ始めるのですが
今日は すぐに食事をする方が
良いような気がしたので食事をしました

すると 神様が

やっと静かな私たちだけの時間
と 語りかけてくださいました

賛美歌をかけると その賛美の歌詞や
歌っているアーティストの方に
意識が向いてしまっていた

確かに祝宴の賜物が与えられてから
祝宴続きではあるのだけど
こうやって 静かな中で
一緒に食事をしたかったんだよ

静かな中で 一緒にグラスを
傾ける…というところまで
ビジョンを見せられた時に

思わず 神様そっちですかっと
突っ込みを入れてしまいました

何故なら私はその時
納豆ごはんを食べようとしてからです

しかしりゅうくんが
祝宴の賑やかな中から
少し静かなところに行こうかと
グラス片手に外へと
エスコートされてるなぁ

と言うので

神様は詩人やね と言いました

りゅうくんは そうだね
詩でこの世界を作っちゃう神様だからね
と 言いました

でも私が今食べようとしているのは
納豆ごはんなんですけどねっ

と言うと ビジョンの中で
神様が大笑いをしながら
それでもあなたは私に相応しい
と 抱き締めて頭を撫でてくれました

そうか 納豆食べてても
この雰囲気に相応しいのか
それはそれで何とも言えないな

と くすぐったい気持ちでいたのですが
気持ちを切り替えて 神様に
あなたのみ思いを教えて下さい

と 自分の思いを静めて
声を聴く姿勢になりました

すると 神様はあるビジョンで
最近頻繁に示されていたことを
再び見せてくださいました

それは ひとことにまとめるなら
「和洋折衷(の食べ物)」です

日本人は 西洋から入った文化に
上手に日本をアレンジすることが出来る
ということを 神様は繰り返して
示してくださっていたのです

そして 具体的にある物を
ビジョンとして見せてくださったので

次はそれを作れということかな?と
りゅうくんに言うと
作るの?と言うので具体的に
それを再現する手段を調べてみました

ちょっと作ってみたいな と
ストックしていたレシピを使って
再現出来そうなのですが
しかし 要になりそうな素材が
その辺では手に入らなそうなので
材料探しからスタートするようです

それを作ることが私たちにとって
どういう意味になるかはわかりませんが
(しかも物凄くさじ加減が難しそうで
試作がどれぐらい出来てしまうか謎ですが)

しかし 神様が示されたものを
作ることは ただ作って食べて
終わりということはありませんので
楽しみにしたいと思います❤️

Pocket
LINEで送る