破れ口に立つ祈り

Pocket
LINEで送る

今日は ある試練とも言える
出来事がありました

ある方向へ流れていたものが
人の思いにより突然
方向転換したのです

もう少し言うなら一度こうしよう と
話し合いが終わっていたことに対し
恐れや気遣いが理由で方向転換したのです

人は弱いものですから
その事自体をどうこう言うつもりは
ありませんが しかし
恐れや気遣いというものには
大抵 変なものが忍び込んで来ます

その人の弱さを赦すの赦さないのは
感情的にならなければ良いだけですが
そこに来る霊的戦いが面倒なのです

しかし その中で神様は
私にとりなしの祈りを示されました
人の弱さ 破れ口に立つことを
喜ぶと示されたのです

また 尊敬についても示されました
敵に良いように操られるような
翻弄されやすい人であっても
神様により強くなると信じる信仰が
希望の光のように与えられました

今までの霊的戦いとは違う
新しい領域のようにも感じました
とても疲れはしたのですが
しかし その中にあって
人を愛し尊敬することは
素晴らしいと強く感じました

とりなしの祈りは本当に大切です
今日示されたことを大切に
していきたいと思います

Pocket
LINEで送る