神様の目から見た捧げ物

Pocket
LINEで送る

昨日は疲れていたので
何もせずに寝てしまい
早起きをして片付けるつもりが

りゅうくんが夜のうちに
台所を片付けておいてくれたので

朝は 久々に余裕があり
聖書を読むことが出来ました

聖書は ただ読むだけなら
過去の記録を追うだけになりますが

その聖句から 今神様が
何を語りたいと思われているのか
というレーマの言葉を受け取ること

今 生きておられる神様と
交流をすることにこそ意味があります

今日は 神様に捧げる捧げ物について
細かく書かれていた箇所だったのですが
神様は 当然ながら物質的なものを
必要とされる方ではありません

なのに何故 捧げ物をするように
示されたのかと言えば
それは 和解のためであり
神様のなだめのためと書かれています

当時の人たちにとって
牛や羊はとても貴重な食物です
罪の赦しを請うために
もっとも貴重なものを支払い
誠意を示すことを神様は
求められたと示されました

そのとき 私は捧げられてないなぁ
と一瞬思ったのですが
神様はすぐに あなたはあなた自身の
全てを捧げてくれている

と示してくださいました
神様の栄光を現す器として
用いてください と
切に願うこと それこそを
神様が喜んで下さっていると
教えてくれたのです

そしてりゅうくんも
読んだ聖書箇所は違いましたが
同じように 捧げ物というのは
人の目や思いにより計るのではなく
神様の目により計るものだと
示されていました

神様の愛する子のために
何かをするなら それも神様に
捧げたことになる

そのことを示されたように感じました

マタイの福音書25章40節
すると、王は彼らに答えて言います。
『まことに、あなたがたに告げます。
あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、
しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、
わたしにしたのです。』

Pocket
LINEで送る