我慢をしなくて良い安全な環境

Pocket
LINEで送る

昨日 感じたこともないような思いが
引き起こされることを書きましたが

感情を味わいつつも
この感情の根拠は何だろう ということを
同時に考えます

すると 余計な感情の裏にあるものは
私にとって何の意味もないものが殆どでした

勿論 意味がないと思っていたからこそ
感じたことがなかった感情なので
逆を言うと どうして今そんな無意味なことに
心が動いているのかと考えました

それで思ったのは イエスさまの愛や光を
ものすごく強く感じることによって
自分の中のゴミがあぶりだされている
ということでした

素晴らしい行い 素晴らしい愛に触れる時
自分がいかに小さいものであるかと
自分が恥ずかしくなるようなことがある

それに感覚としては近いと思いました

しかし今起きていることは
周囲の人が自分勝手をするので
自分が我慢しなければいけなかったために
言えなかった我が儘を言っている

安全で受け入れられる環境になったので
我が儘が言えるようになったから言ってみた

という感じです

しかし 言いはするものも別に本心としては
どうでもよいと思っているのですが

しかし こんな我が儘で身勝手な思いが
自分の中にあったんだなーと
それはそれで良いことのような気がしました

その思いを一通り味わった後に
よし 十分味わったのでこれは捨ててしまおう
いつも通りに 赦す祈りをしようと思いました

そのことは思っただけで
口に出して言ったわけじゃないのですが
その瞬間にりゅうくんが

今の澄子の姿こそが本当の謙遜
と言いました

最近 りゅうくんは過去の私に対して
傷つけたことを悔い改めて
突然謝ってきて優しくしてくれたりします

こっちは喉元過ぎてるので何のことか
まったくわからないのですが

よくわからないけど幸せでいいなぁと思います

Pocket
LINEで送る