人の義(自己義)を砕かれる神

Pocket
LINEで送る

昨夜ぐらいから 神様から
繰り返し語りかけられていると
感じていたことがありましたが

今日のQTが正にその内容だったので
このことだったかぁ と思いました

聖書箇所は 純粋な心ではなく
党派心から福音を伝える人が
いたとしても 結果として
福音が伝えられるのは良いことだと
パウロが語るところでした

クリスチャンでなくても
神様のみ恵みを運ぶ器として
用いられる人はいます

また クリスチャンでなくても
神様の預言の通りに行動する人もいます

神様は 最高権威であり
背後の霊たちはそれに
従わなければいけません

ですから 神様以外の霊に
影響を受けている人であっても
神様のみこころを反映したような
行動をとることはあるのです

しかし私は ある意味単純で
神様のみこころを為す人はみんな
神様のことを知り愛することが
出来る人だと勝手に思い込んでいました

しかし 実際は全くそんなことはありません
霊的な行動をするからといって
その人が神様だけを見るようになるとは
限らないのです

逆も勿論あります

神様を慕い求めているからといって
霊的に神様のことを仰ぎ見ているとは
限らないのです

探し求める人は見つけます
聖書に書いてある通りです

しかし 探すことなく
偽物に翻弄されることもあるわけです

以前 記事にしましたが
聖書には 霊の声が全て良いものだと
勘違いせず 神の霊から出たものか
きちんと試すようにと書かれています

しかし その区別をしていなくても
それどころか 心が神様に向いていなくても
神様は 事を為すことが出来て
全てを益にすることが出来る方なのです

私は 心が良かろうが悪かろうが
同じ方向に向かっている人は
誰でも仲間だと思ってしまうのですが

しかし実際は全然違うということを
何度も経験して その度に
とてもがっかりしてしまっていました

ですが 神様は
そのようにがっかりしてしまうと
愛が流れなくなるよ と
示してくださいました

私たちは互いに赦しあい
愛し合えばよいのであり
そこには敬虔と兄弟愛と愛とが
加わっていけば良いわけです

本当は もう少し違う角度のことも
神様は語られたのですが
まだ自分の中で それを誤解なく
人に噛み砕いて伝える自信がないので
書くことは控えますが

私がこだわってしまっている
潔癖な部分を 神様は
溶かして砕かれようとしています

こだわりとか潔癖とかいうのは
ある意味 自分自身を義とすることです

少し論点は違うのですが

イエスさまが ザアカイの客となったとき
人々は イエスさまを悪く言いましたが
人目を恐れることというのは
この時のイエスさまを避けることだ

という表現をすることが
自分の今の体験に一番近い気がします

Pocket
LINEで送る