神を愛する唯一の方法

Pocket
LINEで送る

今年に入ってから
引っ越しで中断してしまっていた
朝の礼拝を再開しました

お祈りと賛美の後に聖書を音読して
示されたことをシェアします

昨年6月に創世記からスタートして
今は出エジプト記なのですが

昨日は神様が 神様のために
作るものの造形を 素材からサイズまで
詳細に示されるところでした

ここから私に伝えたいことは
何ですかーと尋ねると
このように語ってくださいました

わたしのために
わたしの指示したものを
作るようにさせたのは
人が人の思いで偶像を作り
罪に堕ちないためである

わたしのために 人がその思いで
デザインをしたなら その者は必ず
自分を誇るようになる
わたしの聖域を人の罪に
汚させるわけにはいかない

わたしはわたしの思い通りに
人を支配したいから
細かに命令をするのではなく
人が罪で死なないために
このように指示をする

この啓示を受けて感じたのは
聖い方はただお一人であり

勿論幼子が父のためにと
何かをすることは喜んでくださるけど

本当の意味で聖なる方のために
何かするとしたら
聖なる方の指示通りにする以外に
方法はないんだなと思いました

また 私たちが自分の思いで
神様のためにと作ったものは
神様は 私たちのために用いてくださり
全てを益としてくださることも
その時に直感として示されました

神様のために と思ってやることが
悪いことだとか無駄であるということではなく
それはそれで 神様の栄光を
みんなが褒め称えるようなものとして
私たちの益としてくださるのです

しかし 神様のために本当に出来ることは
神様の示しに忠実であることだけなんだな

ということがわかりました

神様のために何かをしたいです!
と思うことによって
神様に忠実になれるように
訓練してくださるのだなぁと
とても嬉しく思いました❤️

Pocket
LINEで送る