神への従順

Pocket
LINEで送る

聖書のみことばや
本や聖会 礼拝などで示された
教えの言葉の全てを

もし 文字通りに受け止めるなら
同時進行で全て行うことは
絶対に不可能であると思います

また 聖書の中でもイエスさまは
ダビデが 祭司しか食べてはいけない
パンを部下にわけたことを例えに
神様の御心は 律法をただ守るだけの
ことにはないことを示されました

一番大切なことは 神様の御心を
知り それに従順になることです

神様は暴君ではありません
もし 神様の御心であるなら
人の目には時ではなくても
恵みは降り注ぎます

イエスさまが初めて奇跡をなされたのは
招かれた結婚式で ワインが
なくなった時でした

母マリアは イエスさまに
ワインがなくなりましたと言うと
イエスさまは はじめは
まだ時ではないと言います

しかし 神様がどれ程に恵み豊かで
愛に溢れた方かを知るマリアは
従者に この人の言うことを
何でもやってくださいと言いました

従順になってください と言ったのです

すると イエスさまは
神様の御心を為されます

人にもよると思うのですが
以前の私は どちらかというと
今は時ではない とか言われたら
そうですか と引き下がるタイプでした

また 悪霊に憑かれた娘を
救ってくれと叫んだカナン人の女は
子どもにやるパンを子犬にやるのは
よくないと言われましたが

もし以前の私がそれを言われたら
本当にその通りだと思うだろうなぁと思います

しかし クリスチャンになってから
私の心に入ってきたのは
長血の女の姿勢でした

長血の女の病は 穢れた者として
人前に出てはいけないし
他の人に触ってもいけないと
律法には書かれていました

なので そんな彼女が人混みに紛れて
イエスさまに触れるということも
それを告白するということも
相当な精神力がいることです

私は 洗礼を受けてすぐの頃に
神様を求めることを浅ましいとか
もっと遠慮しろと言われるような
試練を通ることがありました

しかし 神様はそういう時に
思いも与えてくださいます

神様がレーマを語る時に
信仰も同時に与えられるのです

今日 神様は私にこのように語られました

あなたに必要なものは
律法主義ではなく
従順を学ぶことだ

ルール通りにおさまることというのは
実は 結構安心するものです

しかし神様は 敢えてそこから
人を外へと連れ出し
神様との親密な関係の中に
本当の幸せがあることを
示されるように思います

神様に従順であることは
心が落ち着かないような
道を通る中でも 神様への信頼に
留まることであると思います

最近思うのは 嵐の中の小舟で
眠るイエスさまのようになりたいな

であったりします

Pocket
LINEで送る