平伏したくなる程の恵み

Pocket
LINEで送る

今日は 久喜でクリスマス礼拝がありました

たくさんの子どもたちが参加してくれて
賑やかな 楽しい一時を
過ごすことが出来ました

移動にかなり時間がかかりましたが
高崎駅から北高崎駅への電車が
40分待ちだったので 高崎駅から
歩いて帰ることにしました

降りると スマホの特典で
ドーナツが貰えるという
看板が立っていました

ドーナツ屋さんが駅にあるのを
知らなかったので ここで降りたのは
神様の導きだったと喜びました

また ふとメールを見ると
先日利用した通販サイトから
1000円分のポイントが届いていたので
すぐに電子マネーにチャージしました

駅前に新しく出来たお店が気になり
1度通り過ぎたのですが戻ってみると
クリスマスオードブルが安くなっていて
先程のチャージで買うことが出来ました

高崎駅で降りなければ 普通に
近所のスーパーで買い物をして
帰るつもりでしたが

買い物のために用意していたお金を
1円も使うことなく 必要以上の
み恵みを与えられました

神様からの 思わぬ
クリスマスプレゼントです

他にも 私の失敗を補って
余りある程のみ恵みを注がれていると
感じるような出来事がたくさんあり

平伏して感謝の祈りを
捧げたいと思うような気持ちに
なることがありました

そして一ヶ月ほど前に 神様が
あなたがひれ伏して祈りたくなるような
み恵みでなければ意味がないと
示されたことを思い出しました

また いつだったか忘れましたが
礼拝の時に 次のクリスマスでは
たくさんのプレゼントを用意していると
示されたことも思い出しました

どうしてこんなにたくさんの恵みが
頂けるのか それは別に私が
何かをしたからとかではありません

ただ 神様からの一方的な愛です

あまりの恵みに閉口する程ですが
この恵みと祝福が 私たちだけに留まらず
多くの人が受け取ることが出来るように

神様があらかじめ 子とすることを
定められている人たちがきちんと
神様の愛とみ恵みの中へと
入ることが出来るように祈ります❤️

Pocket
LINEで送る