神様が信用を置かれる管理者

Pocket
LINEで送る

今朝 職場に到着すると 神様が突然
管理者として相応しいものについて
このように語られました

楽しそうに喜んでいるものではなく
眉間にしわを寄せているようなタイプが
管理者として相応しいんだよ

その語りかけがあったのは
愚痴愚痴とつまらなそうに
仕事をしている人というのは
その仕事に向いているのか否か

ということを思い巡らしていた
時のことでした

要するに

他人にはつまらなそうに見えても
隅々までしっかりと目を光らせて
愚痴愚痴しているようなタイプこそ
管理者として相応しいと
神様は教えてくださったのです

そういえば以前 自分には向いていないと
思うような慎重さを持てる領域こそ
管理者として任せられる素質だと
示されたことがありました

人の弱さに神様は栄光を現してくださる

慎重で弱いものこそ管理者として相応しい
と いう示されたことを思い巡らしていると
今度は ギデオンこそがそれだという
思いが与えられました

ギデオンと言えば イスラエル人が
外敵の侵略に怯えていた時期に
酒舟に隠れて麦を打っていた青年です

神様から勇士と呼ばれて
召しを受けた時に
何度も何度も神様に 神様であるという
証拠を見せてくださいと言った青年です

小さな部族の中でも一番弱いものですと
彼は自分自身を紹介していますが

神様は この青年の慎重さを
神様ご自身のご計画を管理するのに
相応しいものだと任命された

力があり 家柄も良く
高慢になるような人は選ばない
と いうことでもあるかもしれません

事実 サウル王は 神様や預言者から
過ちを指摘されても 自らを
義として欲しいと言う人でした

そのような人は 神様の管理者として
相応しくないということなのです

そう考えると

神様が 自分の何をどのようにご覧になり
どういう領域で何を任されているのか

というのがなんとなく見えてきそうです

楽しいだけでやっている人は
壁にぶつかった時にすぐ折れてしまいます

しかし 管理者として相応しい人は
壁にぶつかった時に きちんと
乗り越えるだけの粘りがある

そんな思いも与えられました

ぼやきながらも管理を任されて
なんとなくいつも上手くいくところ
というのは 管理者の賜物が
あるところなんでしょうね

Pocket
LINEで送る