神様の恵みを勝ち取る

Pocket
LINEで送る

今住んでいる場所は 育った場所
3歳から20歳ぐらいまでを過ごした所から
数キロしか離れていない場所です

よく知る場所ではありますが
20年も経ちますので
道もお店も全く違うところもあれば
変わらないものもありますが

昔は 用事がある場所
点と点を繋ぐだけで
町全体を把握して見ることは
していなかったなぁと思います

また 外に出て一番よくわかるのは
地域性です

例えば東京でも 区によって
人の傾向があることを知りましたが
やはり 住んでいる場所や地域で
人の雰囲気は変わります

隣の駅に行くだけで
スーパーなどの店員さんの傾向も
全く違うので いつからか
どこに住みたいかというのは
立地ではなく人で見るようになりました

子どもの頃は そういうものの
選択は勿論出来ませんし
近所の人としか付き合いがありませんでしたが

会社には 市外から来る人も多く
この辺だと 市を跨げば
気温差もかなりあるので
そんな違いも話題になります

若い頃 あなたは外を見た方がいい
(その時は海外に という意味でしたが)
と 言われることがありましたが

今になりその理由はよくわかります
自分がそのままに生きるために
知ることはとても大切だったと思います

しかし 一番素晴らしいことは
自分が自分のままでいることが
周囲にとってもプラスになる環境に
置いていただけているということです

それは ただ与えられたわけではなく
自分の言葉ではっきりと求めることと
私が私らしくいることを否定する力に
Noを言うことを神様から導かれました

聖書にはこう書いてあるのです

ヤコブの手紙4章2、3節
あなたがたは、ほしがっても
自分のものにならないと、人殺しをするのです。
うらやんでも手に入れることができないと、
争ったり、戦ったりするのです。
あなたがたのものにならないのは、
あなたがたが願わないからです。

願っても受けられないのは、
自分の快楽のために使おうとして、
悪い動機で願うからです。

願わずに 自分を殺すことを
神様は良しとされなかったのです
抑圧に対し 我慢していればいいとは
神様は仰いませんでした

力があるのに 力がないもののように
振る舞うことを神様は良しとされなかった

悪に攻め立てられている時に
助けてと言わずにいたら
同罪とみなされるのです

敵の嘘を信じていたら
不信仰の罪となるのです

敵からの分取り品が
恵みとして用意されている

という 何年か前に預言的に
示されたことの意味が 今であればわかります

Pocket
LINEで送る