神様に期待することの出来る喜び

Pocket
LINEで送る

土曜日にパンク修理をした自転車が
月曜日にまたパンクしてしまったという
話を昨日書きましたが

修理をしてくれたスポーツ自転車の
専門店に連絡をすると すぐに出来る
応急策を提案してくれました

引っ越した直後ということもありますが
今まで住み込みだったこともあり
洗濯機がないなど 物理的な必要が
たくさんある状況なのですが

今日 それに加えてパソコンまで
完成沈黙をしてしまいました

何度も経験があるのですが
こういう必要は 重なる時は
重なるものだと改めて感じます

以前 一人でいたときは
不測の事態に備え 常に
常に先手を打っていたので
このような状況に陥ることは
ありませんでした

また 世間一般を考えると
お金さえあればこのような状況は
回避出来るので 蓄えは必要だと考えます

しかし クリスチャンになってから
そのような「人間的な策」には
一切頼れないように道を塞がれ
神様の方法をいつも見せ付けられました

そしてそれらは 仮にお金があっても
絶対に得られないようなものばかりでした

人からの励ましや証もたくさん頂きましたし
神様がどうご覧になっているのかも
それらの経験を通して知ることが出来ました

どんなにお金があっても絶対に
自分で買うことはないようなものもあり
神様が与えたいものの質についても
様々な思いを与えられました

何か事が起きたとき それは
神様の新しい側面や
みこころを知るチャンスでもある

なので今回も神様の平安の中で
神様の方法を期待します
人の方法では考えられない思いです

この平安と喜びと期待に満ちた思いに
勝る宝はないと思います

神様と過ごす時間は命に満ちています

Pocket
LINEで送る