人の思いを変える祈り

Pocket
LINEで送る

今日は とてもがっかりすることがありました

しかし そこには神様からの
示しが確かにありました

もし 最初からきっとこうなるから
傷付かないように覚悟しておこう と
自分を守っていれば傷付きません

それは 人を傷つけないための
予測行動とも似ていると思います

例えば 車を運転していれば
学校近くの小道から子どもが
飛び出してくるかもしれないと
警戒しなければいけませんし

お年寄りが自転車でふらふらしていたら
倒れたり 突然道路を横断するかもしれないと
警戒するのは当然です

そして そういうことが起きたときに
相手を責めたり罵ったりするかと言えば
そうでもなく

そういう人たちを守ることが
社会のルールだという自覚の上でいるので
もしそんなことが起きたとしても
相手を助けたり 危ないから気を付けてね と
注意をするのが まともな大人の対応です

人に期待をしてはいけないのです
ですが神様により そのようなことが
起きないように祈ることは出来ますし
その祈りこそが私たちの仕事です

そして世の中には
自分にとっては当たり前のことも
人にとって当たり前でないことも
たくさんあります

今も まともな大人の対応とは
こういうものだと書きましたが
全員が出来ているとは思わないし
私だって 突然の出来事に対して
びっくりして怒ることはあります

しかし 世の中全体が聖霊さまにより
そのような方向に変わっていきますように
と 祈ることなら出来るのです

事実 電車の中などで目の前に
人の欠点を悪く言う人がいる時
神様に この人に触れてくださいと祈れば
話題はいつの間にか その人の長所や
弱さを労る話にすり変わることを
何度も見てきました

しかしもし 目の前にいる人に対して
こんな人の悪口を言って 嫌な人だなどと
裁く気持ちを持ってこちらまで怒るとしたら
背後の霊にやられているのかもしれません

背後の霊を縛り上げる祈りをしてから
神様に触れてくださいと祈る

そこには霊の戦いがありますが
その戦いは自分の中で起きているのです

りゅうくんが 今日
私がとても凹んでいるときに
神様を感じるから大丈夫 と言って
この聖句を示してくれました

ヘブル人への手紙 12:4‭-‬6
あなたがたは、罪と取り組んで戦う時、
まだ血を流すほどの抵抗をしたことがない。
また子たちに対するように、あなたがたに
語られたこの勧めの言葉を忘れている、
「わたしの子よ、主の訓練を軽んじてはいけない。
主に責められるとき、弱り果ててはならない。
主は愛する者を訓練し、受けいれるすべての子を、
むち打たれるのである」。

Pocket
LINEで送る