安全な場所で賜物を用いて頂く

Pocket
LINEで送る

今日は ある明確な夢を見ました
数日前にもある別の夢を見て
予定していた行動をひとつ中止しました

以前は なんとなくこんな予感がする
というざわざわした感じはすれども
具体的にどういうことか解らずに

事が起きてから この事だったのかぁと
頭を抱えることが多かったのですが

クリスチャンになり 様々な
学びや賜物の分与を経て
神様の守りの中で安全に過ごすことが
出来るようになったので
本当に感謝をしています

最初は この感覚が鋭すぎるのを
どうか無くしてくださいと祈っていましたが
むしろ磨かれる方向に行ってしまい
最初はがっかりしたのですが

しかし 神様は与えられた賜物を
取り上げることはされない神様であり
持ってしまったからには
扱えるように育ててくださいました

そして今では育てていただけたことに
感謝を出来るまでになりました

自分の中に 自分勝手をしたために
自分の人生を狂わしてしまった賜物があっても
神様に求めるなら全てが建て直される
体験を通して この事を確信したのです

これは 福音書にある
ミナの例え タレントの例えに
通じる部分であるように感じます

神様は 全ての人に神様のご性質の一部と
才能 賜物 タラントを与えられました

それを活かして増やしたものには
良いしもべだとより多くのものを任せ

土に埋めて増やしも減らしもしないものは
悪いしもべだと持っていたものまで
取り上げてしまいました

この例え話では経済のことを
話しているだけのように聞こえますが

しかしこれは 賜物のことだなぁと思います

事実 才能 賜物のことを
英語でタラントと表現しているのを
聞いたことがありました

才能 賜物を用いて人の助けとなり
財産を増やすことを神様は良しとされ
才能 賜物を隠して何もしないことを
神様は良しとされないのです

頂いた賜物は扱いきれないので
こんなのいらないから取ってください

とお願いをしても 神様は
私と一緒であれば扱えるようになるよ
と言わんばかりに私の体験を
良いもので塗り替えてくださっています

神様と一緒でなかったから
出来なかったのであり
神様が一緒であれば出来るのです

では 良いしもべとはどんなしもべなのか
それは 神様の教えに忠実なしもべです

正に 詩篇1篇そのものであるわけです

詩篇1篇1~3節
幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。
まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。
その人は、水路のそばに椊わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。

ここでいうおしえというのは
旧約聖書のモーセ5書を指しています

Pocket
LINEで送る