神様から心を離さない

Pocket
LINEで送る

人の目には愚かなことであっても
神様は 全てを用いて良くしてくださる

人の努力により物事を拗らすことに
いい加減辟易している身としては

自分自身がどのようにあることで
神様に働いて頂けるかというのは
常日頃の一番の関心事であるわけですが

それは全て聖書にきちんと書いてあります

実際的に言うなら 真に
物事を成功させている人というのは
それが自分の実力であるなんて言い方は
決してすることはありません

助けてくれた存在や
目に見えぬ存在の助けがあってこそ
今ここに自分がいるという感謝を
持っているものです

しかし クリスチャンというのは
その上に 神様からの約束を知っています

このようにすれば このようになると
はっきりと聖書には書かれていることがある

ですから もし神様に
何かを為して貰いたければ
聖書にある原則を守れば
誠実な神様は必ず答えてくださいます

先日 少々厄介なことがありましたが
裁きたい心を堪えて神様に祈ると
翌日には全てが丸く収まっていました

出来事は直視してとりなしの祈りを
する必要がありますが

しかし 祈れば聞かれるのだから
目先のことで心を患わせる必要はないな

と 思いました

しかし問題にはポイントがあり
神様は そのポイントを本当に
端的に示してくださり

そのポイントだけを気をつけていれば
物事は平和的に解決していくのです

私がクリスチャンになる
きっかけとなった教会で
私の中にある混乱を神様は
紐解いてくださると預言され

その預言は クリスチャンになってからも
再度 預言して頂いたほどに
私の人生に大変重要な意味を
為していると思うのですが

物事がシンプルになっていくためには
知恵知識というのが本当に大切で
わかっているなら揺らがないのです

先日の台風の時に
神様は 安心してゆっくりお休み
と 仰られました

しかし実際には 窓が
破れるのではないかという程の暴風で
家が揺れて物が落ちる程でしたし
夕方まで停電する事態になりました

でも神様が 安心してゆっくりお休みと
仰ったから安心していようと心に決め
どんな不安材料に対しても
心を揺るがさないと固く心を定めたわけです

すると 平安が常にあって
困るようなことも全て片付いた

信頼出来る権威に従うということは
本当に安心であるわけです

先日は 台風という目に見える形でしたが
今 目に見えないものでその時と
同じことが起きているような気がします

Pocket
LINEで送る