神様だけに頼るための試練

Pocket
LINEで送る

以前書いたかもしれませんが

人の霊的な背景というのは
知る知らないに関わらず
人の言葉に乗って影響を及ぼします

イエスさまは 悪魔の誘惑にも
人がイエスさまを持ち上げるような発言も
必ず否定されていましたが

敵の誘惑や人を神より高くする賛辞は
無言でいると 同意を意味してしまいます

また 悪霊を追い出した後に
空っぽのままにしておくと
以前よりもっと質の悪い悪霊を
7つも連れて戻ってくるという表現が
聖書の中にあります

更に この話も以前書きましたが
旧約聖書では 女性が暴行を受けたときに
助けを求め叫ばなければ同罪とみなされる
という表現もあることから

敵に対してNoを言うことというのは
霊的な世界において 物凄く
重要であることがよくわかります

聖書の中に

いつも喜んでいなさい
絶えず祈りなさい

と書かれていますが
これというのは 敵に付け入る隙を
与えないようにという意味もあると
感じることがありました

ちょっとおかしな雰囲気だな と思っても
お祈りをすることに加えて
神様に意識を向け感謝の賛美をすることで
その場の雰囲気を変えることすら出来ます

自分が聖霊に守られるだけではなく
聖霊が自分を通して自由に働いて貰えるように
自分を神様に明け渡すことが出来ます

しかし逆を言うなら
自分の思いや発言により
敵に付け入る隙を与えて
敵の通り管になることもあり得るわけです

自然なままの人というのは
何も考えずにいると
悪い方へと意識を向けがちな生き物です

それはある種の保身であるわけですが
保身ばかりで希望がなくなれば
人は生きていくことが出来ません

夢があり 希望があって目標が出来ますし
良いイメージを抱くことが出来るから
前に進むことが出来ます

起きる事柄に対してどのような
イメージを持ち どのように考えるか

そこを拗らせてしまうと
本当にしんどいわけですが

神様という存在を知った今は
どんな事があったとしても
神様による新しい方法を期待することが出来て

それは もしかしたらとてつもなく
チャレンジであることも多いのだけど
しかし不思議と平安の中に留まれるわけです

しかも そうやって神様だけに期待をして
飛び込んだ時に起こることは
本当に 時に叶って美しい

そこにもし試練があるとしたら
それはいつだって 神様との関係を
深めるためのものであると感じます

Pocket
LINEで送る