人を通して愛を伝える神

Pocket
LINEで送る

神様から示されるレーマやビジョンは
理屈抜きで一瞬にして私自身を
平安の中に導き入れてくださいます

その平安は それさえあれば
全てが大丈夫だと確信出来る程に
力に満ちているものであり

神様さえ居れば 私たちは
何も恐れることなく前に進めます

そして 素晴らしいことに
その平安は 他の人にも
伝播していくものなのです

ふと示されて 普段全く縁がないような
場所や人のために祈ることがあります

そういう時に 私が神様から示された
様々なレーマの言葉をシェアすることがあります

その様子をりゅうくんが 以前
5つのパンと2匹の魚のように
私がそのレーマを祝福して
分け与えることで増えていくと
神様から教えて貰ったことがありますが

人々は そのパンを食べて満腹しました
同じように その神様の言葉は
人を十分に満足させてくれます

先日ふと お祈りをする機会を頂いて
祈った事柄は 本当に全て
神様の栄光が現れる結果になっていて

神様のみこころ み言葉を
流す役目を頂けるということは
どれ程に素晴らしいことであるかと
本当に感謝する思いが与えられました

預言のセミナーの時には
神様から頂いたビジョンやメッセージは
自分にとっては関係ないものであり
受けとる本人にしかわからないことが
殆どだったのですが

そうではなく

自分が 神様から頂くのは
聖書に書いてあることを
とても情緒的に 心に響く形で
示されることが多いのです

例えば 先日も書きましたが
イエスさまとの距離感を解消したいと
祈り求めた時に語られた言葉はこうでした

あなたが産まれることを心待ちにしていた
身を引き裂かれてもあなたを取り返したかった

あなたと一緒に神様の仕事をしたり
食事をしたり 遊んだり 日々のことを
一緒に楽しむことを本当に楽しみにしていた

これを聞いたとき 本当に涙が出ました

ですが こういったメッセージは
聖書に全て書かれている事柄です

地の基が出来るより前から
私たちは選ばれていたということ

神様がイエスさまに与えられる人々が
イエスさまにとっての報酬だということ

地の終わりまであなたたちと
供にいるとイエスさまが仰ったこと

これは全て 聖書に書いてあります

ですが 本当にイエスさまとそのように
過ごせているかは別なのです

イエスさまは確かにいるのに感じなかった
だから感じたいと願った
その結果 イエスさまは
私にわかるように語ってくださった

聖書でロゴスとして読むのとは
全く違うのです

そうやって受けた愛を
人と分かち合う時に それは
きちんと伝播していくのです

自分が愛された分だけしか
人に愛を伝えることは出来ません

神様が自分をどのように どれ程に
愛しているかを知らなければ
神様が あなたのことをどれ程に
愛しているのかを伝えることは出来ない

以前から 私のことを祈ってくれる人が
凄い神様の愛を感じるよ!と
言ってくれていたのだけど

自分自身がそれを実感出来ず
またそれを言葉に出来る人もいなかった

勿論それは 人伝てではなく
神様が直接私に語りたいと
思ってくださってのことかもしれません

でも 受け取った私はその愛を
他の人に伝えることが出来るのです

たくさんの人が 少しずつ神様に
似せて作られているので
他の人には他の人だけが受け取れる
神様の愛があり

矢張り それを分けてもらえる時は
本当に嬉しいし感謝をします

神様の愛を伝える役目を頂けるということは
本当に本当に 素晴らしいし
感謝なことだなと思うのです

Pocket
LINEで送る