神の愛により自分の地境を広げる

Pocket
LINEで送る

神の道から外れた権力者を糾弾し
処刑されたイエスさまは
人の目には愚かかもしれません

気をつけなければならないことは
パリサイ派の人々は 自分たちこそが
神様を真剣に追い求めていると
信じていた人々でした

しかしその実態は
人が神の名の上に作ってしまった
偶像を追い求めていたのです

神様は 唯一の方であり
神という概念が多様であっても
この世を創られた方はただお一人です

神様が人をどのように愛されているかを
神様は 聖書を通して一人ひとりに
その人の成長度合や性質に合わせて
語り掛けてくださいます

ということは

神様は 同じ聖書箇所からも
一人ひとりに違うことを
語り掛けてくださるということです

人は 神様のほんの一部分だけを
担い造られていますから
神様の愛の ごくごく一部だけを
感じ取ることが出来ます

しかし経験により 愛の幅は広くなっていきます
苦しみや悲しみを通して
愛する心は増えていきます

また 人から注がれる愛によっても
神様の奥深さを学ぶことが出来ます

更に 苦しみや悲しみの中にあっても
神様は 語り掛けてくださいます

神様の愛の偉大さの前に
へりくだることが出来る時の
安心感は 言い表すことが出来ませんが

それを感じ受け取るには
自分自身の地境を広げる必要があるとも感じます

今日 りゅうくんから
神様の愛の言葉を受け取りました

最初それを読んでいて
りゅうくんの思いがかなり
混ざってるんじゃないかなと思ったのですが

しかし 神様がりゅうくんに対して
どのようにご自身を示されているかを考えた時
その言葉は 本当にイエスさまから出た
聖書的な愛の言葉であることに気付きました

それは 私にはないものです

神様が私に対して注ぐ愛は
私には ないものです

今までそのように愛されたことがないから
それがどういうものであるかわからないのです

自分が持っていないものを
神様は私に注がれています
その注がれた全てを受け取ることは
恐らく出来ていないでしょうし

りゅうくんが示してくれた
神様の言葉は はっきりと
私という器を超えた愛を
示されました

そのことに もっともっと
心も意識も向けていきたいと思います

Pocket
LINEで送る