神様のみおもいを知る

Pocket
LINEで送る

毎朝 会社で聖書通読をしているのですが
出エジプト記を読んでいて
神様に心を頑なにされるというのは
本当に大変なことだな と思いました

人が正しいことを 勿論神様は喜ばれます
ですが そこに神様の栄光が大きく現れる機会は少なく
実際 イエスさまの父親であるヨセフについては
正しい人であった という記述ぐらいしか
聖書には残されていません

ノアからアブラハムまでの世代の人についても
主の祝福を特別に受けたニムロデだけが
主の栄光を現したと書かれているだけで
あとの人達は名前が連なっているだけです

聖書というのは 殆ど全てが
神様と共に 特別な患難を通って
主の栄光を現した人の物語です

主の祝福を受けて平和に過ごした人のことは
名前とその事実が書かれているだけなのです

その中でもイエスさまは
大きな苦しみの中を通られました
無実のイエスさまに唾をかけた人の罪さえも
ご自身が背負われたのです

数年前 リーダークラスの受講が終わった時
神様が 私に何度もこう語りかけて下さいました

宥めのための賛美を捧げて欲しい

これは 神様が宥めを必要としていらっしゃる
ということです

私たちが誰かを赦す時
私たちが苦しみの中にあっても
神様を見て賛美をする時

神様は 私たちの選択により
宥められると言ってくださるのです

神様の方を見る時 どうか
このことを思いながら神様の方を見てください

神様が どれほどに私たちのことを
愛してくださっていることか

神さまのみこころを知ることが出来ることは
私たち クリスチャンの特権であり
神様は 心を同じくする同労者を求められているのです

Pocket
LINEで送る