御国の豊かさを邪魔するものを取り除く

Pocket
LINEで送る

今日は 最近書いている
自分は欲しくないものを
神様は与えたいと思っている

という話を少し掘り下げようと思います

自分には それは別にいいですよと思っても
神様は しかし私はそれを与えたいと仰る

自分はみ恵みを避けているけど
神様はご自身を全て現す方です

ご自身の栄光のために
私を選んでくださったのですが
私がそのみ恵みを受け取らなければ
神様の栄光を現すことは出来ません

どうしてみ恵みを避けるのか
み恵みを喜べないからです

どうして喜べないのか
傷や苦味があるからです

神様は ただ癒しを与えるのではなく
癒されたいと願って欲しいと仰る方です

盲目の人に あなたはどうして欲しいのかと
イエスさまは仰いました

イエスさまにはそれが可能だと信じきって
目が見えるようになりたいですと言ったので
その人は目が見えるようになりました

ここには二つのポイントがあります

心から目が見えるようになりたいと思っていること
そしてイエスさまにはそれが可能だと
信じていることの二点です

ちょっと前にある預言者さんが話していましたが
誰もが癒されたいわけではないのです
癒されないメリットを掴んでいる人は
癒されると嫌だから癒されたいとは言いません

傷付いた ということは
その背景には傷付けた人の存在があります

神様が与えようとする回復を受け取るには
ひとつの条件があるのです

簡単に言えば赦すこと なのですが
赦すには 自覚が必要です
自分が何故傷付いているのか自覚がないと
赦すも赦さないもないのです

実際 私の内にはかなりこういう面があります
そもそも怒ってないし相手を裁いていないから
赦すも赦さないもないのです

しかし確かに傷付いていますし
それを解決していないので
私を傷付けた人と同じタイプの人との
付き合いに支障をきたしています

同じタイプというのは何を指すか
それは愛を感じるポイントのことです

結論から先に言うなら

私に不足していたのは
傷付いた自分自身に対する興味と
傷付けたタイプの人と和解したいという心です

怒ってないし裁いてないけど
その人と互いに愛し合うのは嫌だったのです

もっと言うなら
その人を愛するのはいいけど
愛されるのが嫌でした

愛は神様のご性質ですから
愛されるのが嫌だというのは
そのまんま 神様を拒絶することになります

しかも互いに愛し合いなさいというのは
神様からの命令なので
それを嫌がるなら神様の命令に
背いていることになってしまうのです

神様が私に求めていることは

どうであったら傷付かなかったのか
自分が本当はどう扱われたかったのか
自分の人生の一体何が破壊されているのか
どうであれば幸せなのか

そのことに気付き それを求めなさい
ということです

実際 そこまでないと
人との関係が回復し得ないのです

互いに愛し合いなさい というのは
自分が相手を愛するだけではダメなのです
相手から愛されることを求めないとなのです

そして それを自覚して求めるときに
神様は全てを与えてくださるのです

いらないものを求めるのはとても難しい
しかし何故神様がそれを求めて欲しいと
思われているのかは充分理解しています

命令だからというだけではなく
それが私に必要だからです

私はあまり物欲がありませんが
その事は決して美徳ではありません

物欲がないということは
ものを貰っても喜びが少ないので
喜びが少なければ感謝の心は出て来ません

しかし 人の中にはプレゼントを貰うことで
愛を感じる人もいます

そういう人が 愛を込めて物をくれても
私にはあまり感動がありませんから
その態度は相手を傷つけることがありますし

私も失礼をしてしまったと
物凄く凹むことが多くあります

しかも 物欲に対して罪悪感を感じつつ
そこに幸せを感じる人がいたら
私がいるだけで相手が勝手に罪悪感を感じる
なんていうことすら有り得ます

とにかく 物欲がないということは
全く美徳ではないのです

求めて喜び分かち合うことが
御国では褒むべき態度です

実際 そういう世の中の方が豊かです

しかし よくよく考えてみると
物欲が初めからなかったわけではなく
物を貰うことが嫌になる経験が
私の人生にたくさんあることに気付きます

そういう心の傷に気が付いて
ひとつひとつ解放をしていくことで
プレゼントで愛を感じる人とも
良い交流が出来るようになっていく

…はずです

これが 私がまだ受け取っていない
神様が与えたいものの正体です

こういった面は様々な人にあると思います
実際 私が苦手とする人たちは
私がとても大切にしているものを軽視します

軽視するばかりか踏みにじってきますが
そういうことはしないで欲しいと
神様にきちんと言わなければならない

そしてそれは 神様に対してだけではなく
人に言わなければならないこともある

互いに愛し合うには
そういうことも必要なのです

愛に心を開くことで自分のキャパシティ
地境を広げることが出来ます

何に対して心を開くかは重要です

誘惑や破壊 妥協や盲目に心を開いたら
破れ口を作ってしまいます

しかし愛に心を開けば
良いことしか起こりません

人間関係の和解 回復というのは
こういったことの積み重ねの上に
あると感じています

Pocket
LINEで送る