背後の敵に打ち勝つ

Pocket
LINEで送る

先日 ある人が自分の思いにより
自分に覆いを被せる祈りをしていました

正直それを聞いた時はぎょっとしました
現実を直視したくない という思いを
そのままに祈っていたからです

恐らくその人は 祈りに力があることを
わかっていないのだと思いますが

その祈りはしっかり聞き届けられてしまい
本人は霧に包まれたかのように
現実を直視できなくなり
混乱の中に入ってしまいました

なるほど ああいう祈りは
こういう風に作用するのかぁ と
ある意味勉強になりました

混乱をもたらすのは勿論神様ではありません
間違えた祈りに力を与えてくる存在がいるのです

間違えた祈りは敵との契約になってしまう
これは本当に危ないことだと思いました

私も危うくそこに巻き込まれそうになりました

そこには霊的な戦いがありました
普通じゃない怒りがこみあげてきたのです

なんでこんな些細なことでこんなに
イライラするのかと思うほどの異常な怒りでした

最終的には それを治めることは出来ましたが

ああ こうやって人は間違えた祈りをして
自分の人生に霊的な障害を招き込んでいるんだな

と いうことをしみじみと感じました

ですが

その体験の後に 自分自身が抱えている
不信感 というものを神様は
取り扱ってくださっていることに気付きました

変なものを呼び込んで来る人に対して
警戒し 距離を置くのではなく
神様の権威で その変なものを踏みつぶし
そしてプラスに変えて頂く

今までは 自分の力に頼り
忍耐したり赦したりをしてきましたが

力ある神様に全てをお委ねして
自分がやることだけに集中することにしたのです

自分がやることというのは
敵が投げ込んできた嘘の思いを制することです

神様は そのことについては
人が自分の責任で行うべきだと
聖書の中で何度も仰っています

神様の方法を学べることは本当にみ恵みです
背後の敵に打ち勝つことにより
状況が動くからです

Pocket
LINEで送る

背後の敵に打ち勝つ” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。