和解のはじめ

Pocket
LINEで送る

どんなに相手を思い遣っていても 愛していても
相手を大切にする方法を知らなければ
その思いは空回りをしてしまい
時には大切にしたい相手を傷つける結果になります

人を傷つける時 あなたを思ってやったということは
免罪符にはなりません

思いがあっても通じていないなら
それは独り善がりになってしまいます

結婚をする前のお付き合いの時期に
神様は私に 自分の取り扱い方をきちんと
りゅうくんに話すように促されました

自分のことを話すのはあまり好きではないので
結構な抵抗がありましたが

最近 あることをきっかけに
りゅうくんがその話題を持ちかけてきました

どう接してもらえると大切にされていると感じるか

という話です

相手に興味を持ち 相手を知り
相手が喜ぶことをやる

というのが相手を大切にすることだと思うのですが

しかし 思っているからこその
すれ違いというものが存在することも確かです

むしろ 相手を思い遣って言ったつもりのことが
相手を傷つけてしまうことがある

そういう時に 傷付けられた人が
傷付いた ということを
相手に伝えて受け入れられるなら
それは傷として残ることはありませんし
関係が壊れることもありません

要するに 傷付いた側の心の態度が重要になるのです

和解のはじめは 傷付けられた人が
傷付けた相手を赦すことです
それがなくして和解は始まりません

もし 傷付きながらも何も言わないなら
必ず同じことを繰り返すことになります

ブレイクスルーを体験することなく
同じところをぐるぐると回ってしまいます

ですが 傷付けられたことに怒りを抱いたまま
その怒りを相手にぶつけるように伝えるなら
相手は防御しますから たいていの場合関係は
拗れるか 壊れるかしてしまいます

しかも もし相手が本当に心がない人であれば
傷付けられた時以上に傷付けられるかもしれない

そういった恐れがあるからこそ
心で赦すだけで終わらせたいのですが

傷ついた という経験をした時に
ただ赦すだけ というのは結局は
何の解決にもならないのです

もし ただ赦すだけで黙っているなら
関係が深まることも改善されることも
進展 発展をすることもありません

赦しに加えて行動が
大切である理由はここにあります

また その時に自己防衛してしまわないよう
また 相手に自己防衛をさせてしまわないよう
神様の介入を求めることも
安全な場を作るという意味でとても重要です

近い人であればあるほど
心が無防備であればあるほど
小さなことだと思うようなことにでも
傷ついてしまうことがあります

しかしそこに愛があるなら
関係性を深め合うコミュニケーションで
互いを強め合うことにもなります

そうやって 強められる場があってこそ
外に出た時に柔軟な強さを持って
人と共に何かを成すことが出来る人に育ちます

愛に基づいた信頼を築く力を持つということは
とても大切なことであると思います

Pocket
LINEで送る