神様に守られる条件

Pocket
LINEで送る

今 ある人のメッセージを文字起こししていますが
その中で こんな言葉がありました

私の召しはこれである
その事で悲しむことになっても構わない
だけど 私が遣えるため召された人は
私を受け入れた方がいい 神の祝福だから

このことは 本当に 神様に遣える人の
心の叫びであると思います

そのまま 神さまの思いだからです

先日 蘇りの奇跡のために4時間以上
祈ったという人が言っていました

なくなったのは小さな子どもを持つ母親で
何で死んでしまうの?起きなさい!
と 叫んだそうですが そのうち
祈ることに疲れ果ててしまい
ねぇ 起きた方がいいよ?という
語りかけになってきたそうです

結局その女性は蘇ったそうですが
このような話 証は他にもあります

ユダヤ人は 過去
クリスチャンに迫害されました

しかし近年 聖書には
ユダヤ人を祝福するようにと
書かれていることが認められ

今ではクリスチャンがユダヤ人を
支援する活動が起きています

ヒットラーの迫害を経験している彼等は
クリスチャンに施されるなら
死んだ方がましだというぐらいに
支援を拒絶しました

支援をする人は 過去のクリスチャンの
過ちを謝罪して どうか受け取って欲しいと
頭を下げ続け 50年が過ぎて今では
支援を喜んでくれる人が出てくるまでに
関係性が回復しました

人の目に 神様がなさったのか
悪魔がしたことであるのかは見えません

クリスチャンであってもそれは同じです

イスカリオテのユダはイエスさまの弟子でしたが
悪魔の器となってしまいました

神様は 人が自分の意思で
敵の誘惑に負けずに神を選ぶことを
望んでおられます

だから 神に頼らず誘惑に期待する人を
決して神様は守ってはくださらない

何故なら 人には自由意志を与えられており
選択の責任は人にあるからです

守ってくださいと願う人のことは守られます
誘惑と神様の声を聞き分けさせてくださいと
願う人の願いは聞かれます

でも 神様に守ってくださいと言いながら
敵にも守ってくださいと願ったり

神の言うことを疑い 誘惑を信じる人を
神様は 守りきることが出来ません

そうやって 敵の手を取る人が
敵に攻撃を受けたとしても
神様には何の責任もないのです

むしろ 助けたくても
歯がゆい思いをされるのです

守るためには条件があるのです

敵の声に惑わされず
私に聞き従うなら

子どもと一緒に人混みの中に行くとき
離れちゃダメよ と言うのに
お菓子をあげるよーという
知らないおじさんについていったら
危ない目に遭うのと同じなのです

Pocket
LINEで送る