心の動機

Pocket
LINEで送る

今日は 神様からたくさんの示しがありましたが
ざっくり大きくまとめると以下の二つでした

ひとつは 表面上やることが同じであっても
大切なのは心の動機であること

もうひとつは 本質にある問題を解決しなければ
手を変え品を変え 繰り返すということです

後者は 先日のガジマ牧師のお話にあった
問題の根に触れるという話なので
別の記事に書きたいと思います

今日は 心の動機について書きたいと思います

例えばですが

自分が何かをやろうとしていた時に
誰かに他のことを頼まれるとします

相手の頼み事を受け入れるには
自分がやろうとしたことを止めるか
後回しにする必要があるとします

その時に

後で怒られたり嫌みを言われるのが嫌だから
相手に頼まれたことを優先するとしたら
恐れが心の動機になっていると言えるでしょう

媚びや恩を売るため 見返りを求めてやるなら
下心が動機にあると言えると思います

ですが 相手が大好きであるとか
頼まれたことが 自分のやろうとしていたことより
良いことだ 価値があると思ってするなら
それは良い動機だと言えるでしょう

このとき頼んできた相手が神様の場合
自分がやることよりも
神様がやって欲しいと言うことの方が
遥かに高いに決まっているからそっちをやる
という 信仰による選択も良い動機となります

いずれにせよ 自分の思いを一旦横に置き
方向転換をする必要があります

良い動機で動く時 喜びが溢れます
その喜びは神様から来るものです

ところが 頼んできた相手が悪魔で
誘惑するために言ってきたことであった場合
それを掴むと大変なことになってしまうし

人から出たものであったなら
その人の心の動機に左右されることになりますが

悪魔はあたかも御使いのように装うことが出来て
それを見極めることは人には出来ませんし

人から出たものの場合 心の動機が
恐れなのか欲なのか愛なのか信仰なのかを
表面的に見極めることは やっぱり人には出来ません

ですが 神様は全てご存知です

だから神様に これを掴んでいいですか?
掴むべきですか?と確認を取ることで
神様の守りの中に留まることが出来るのです

自分のことも 自分以上に神様はご存知なので
自分の動機が良いものか悪いものかわからなければ
それも神様に確認することが出来ます

自分の欲で悪い動機だと思って避けていたことを
やりなさいと促されることもたくさんありましたし

良いことだと思ってやっていたことを
止められたこともある

そうやって矯正されることはとても大切です

もし自分のことを歪んで見ているなら
必ず他のことも同じように歪んで見ています

そしてその見方は「的外れ」なのです

神様は 互いに愛を現しあってもらいたい
人と人との関係を愛で満たして欲しいと
願っておられます

ですからトラブルの元となる「的外れ」を
取り去って欲しいと願う時 神様は
願いを聞き入れて下さいます

神様に 自分の心を近づけることを願う時
それは神様の願うところでもあるのです

Pocket
LINEで送る