恵みの基に気を付ける

Pocket
LINEで送る

毎朝 仕事の前に聖書を読み
受けたものをシェアしているのですが

ふと 人が地の管理者とされている
ということを思う部分がありました

神様はこの地を創造され 全ての者を所有する方です
しかし 神様は地を管理する者として人を造られました

アブラハムのサラが死んだ時
アブラハムと異邦人との間で
墓地にするための土地の売買がありました

異邦人たちは あなたは神の人で
あなたの妻を葬る土地は差し上げるから

と言いますが

アブラハムは もし許して下さるなら
どうか正当な価格で売って欲しい と言います

アブラハムは 他のシーンでも
異邦人から貸しを作らないようにしたことがあります

親類のロトを救出する際に
ついでに回収してきた異邦人の所有物から
道中に部下達が飲み食いした分(必要経費)以外
ひとつもお礼を受け取らずに返しました

その時 アブラハムはその理由をこう言っています
「あなたが私を富ませたと言わないため」

神様から十分な恵みを頂いているので
異邦人から施しを受ける必要は無く
もし施しを受けたら 恩を着せられるから

ということを言っているのだと思います

少し前に この線引きの大切さを
神様から強く強く示されていたのですが
今 またそのことを示されているように感じます

神様のみ恵み以外に頼らない
あとで恩着せがましくされる可能性がある
罠や躓きとなりかねないものは受け取らない

これは とても大切なことであると
神様は示されているように感じます

Pocket
LINEで送る