人に決して出来ない領域

Pocket
LINEで送る

今日の神様からの示しは
昨日の日記と根っこは同じなのですが

わからないことを悟ろうとせず
わからないことは神に求めなさい

と いうものでした

自分の中に 好き嫌いというレベルでなく
生理的に受け付けないことがあります

それは ある種の近親憎悪なのですが
自分の力でなんとか義であろうとする時に
それを全く気にしていない人がいると
つい心の中で裁いてしまう という
表現が一番近いと思います

しかし この思いが出ること自体を
神様は否定しておられません

イエスさまですら 悪霊を追い出せない弟子たちに
こんな不信仰な人たちといつまで
一緒にいなければならないのか と嘆かれました

その思いを抱くこと自体を聖書は否定していません

ですがそのことを赦さず裁くなら
罪に定められるのです

イエスさまは こんな人たちといつまで
一緒にいなければならないのか とは言いましたが
お前たちはダメだからもう出ていけとは
言われませんでした

嘆かれましたが 時が来るまで忍耐されました
時が来る直前には 彼らを友と呼び
そして 聖霊が下った その時に
彼らはイエスさまと一体となり働き始めました

人の思い 人の悟りで人は変われません

私が昨日 絶望的とも思えるほどに
深く与えられた覚りはこのことでした

絶望的なほどに 人は人の悟りや努力では
変わることが出来ないのです

習慣は変えられます 考え方 発想も変えられます
使う言葉や見た目も 心掛けで変わることは出来ます

ですが 根っこを変えることは出来ない
本質にあるものを変えることは
決して出来ないのです

神様が変えようとされない限り
絶対に変わることはない

神様に頼らず
自分の努力で変えようとするなら
神様との断絶が起こるだけなのです

神様と断絶すれば何が起きるでしょう
それは不毛な霊的戦いです

神様の勝利の立場から戦わないなら
霊的戦いほど無駄な時間はありません

神様は 全てを 本当に全ての全てを
神様に頼り 委ねることを
求められていることを感じました

自分の判断を下さず 自分のやり方に頼らず
ただ 希望を願うようにと示されました

私が絶望してしまっている事柄を突き付けられ
その絶望を 神様に明け渡しなさいと
示されているように感じています

それこそ 自分の力では無理なことなので
神様に祈り求めていきたいと思います

Pocket
LINEで送る