力ある言葉

Pocket
LINEで送る

今日の神様からの示しは
使う言葉についてでした

真理には 人をゆり動かす力がある

それがどういうことであるかを
教えてくださいました

人に伝える言葉の中に
憶測や 間違えが混ざっていると
人は不安に思い 警戒をします

不安や警戒は 人の心を頑なにして
物事を硬直化させます

事実を 端的にわかりやすく伝えると
人はその事実をもって自分がそれと
どのように関係を持つかを
安心して考えることが出来る

その時 人は心を開いています
物事が動く時 人は心を開いているのです

イエスさまは 真実しか話しませんでした
真実であり 真理であることだけを話されました

人々が知らないために迷っている事柄について
決して揺らぐことがない神様の基準を
教えてくださり 迷う必要がなくなった

だから 人は自分がその真理と
どう付き合うかを決めることが
出来るようになりました

人には自由意思があります

だから 真理を聞いたときに
それを受け入れるかどうかは
本人に責任があります

そこに自由がありますから
受け入れさせる責任を
私たちは背負うことは出来ません

しかし 良いことも悪いことも包み隠さず
全てを伝えた上ででなければ
相手は選ぶことが出来ません

選ばせるために欠けた情報を渡すなら
コントロールが入るのです

人には恐れがあると 相手を
コントロールしようとするものです

恐れからの解放と
自分の責任さえ果たせば あとは
神様がやってくださるという確信

それがあって 始めて
力ある言葉を使えるようになる

そして 力ある言葉というのは
真理 真実 事実をただ語るだけのことを
指しているのです

人を支配しようとする必要は全くないのです

Pocket
LINEで送る