遣えるために注がれるもの

Pocket
LINEで送る

最近 よく見るビジョンがありましたが
そのビジョンがどういう意味であるかについて
教会の姉妹が祈ってくれた時に
預言的に示してくれました

神様と自分の関係について
自分でどういう状況であるのか
よくわかっていないことが多く
人から示して頂くことが多いです

預言的な祈りというのは
そういう意味でとても励みになります

霊的なみ恵みというのは
自分が意識するしないに関わらず

或いは自分がその場に居る居ないに関わらず
神様が定められた人の元に降り注ぎます

しかしそれは その人個人のためのものではなく
その人が誰かのために用いられるためのものです

神様の力は 支配するためにあるのではなく
養い育て 建て上げるために用いられます
神様自身が そのような謙遜な方であるからです

昔の人は 神に対し力による支配を求めましたが
しかし本物の神様は 人と友になることを望まれました

友達が悪いことをしていたら
どうするでしょうか

友達が困っていたらどうするでしょうか

神様は 人に対してそのように接してくださる方であり

肉体を持ち限界がある私たちと違い
常に常に 愛し養うもののために働かれています

イエスさまは 遣える姿で現れましたが
イエスさまは 神様が為さることを真似られ
自分がしたいことは何一つしなかったと仰いました

イエスさまの生き方は 神様のご性質そのものであり
その姿は 謙遜でありながらも威厳と力に富んでいます

私たちを造られた方がそういう方であるということ
そのことが本当に素晴らしいと思うのです

ヨハネの福音書13章12-17節
イエスは、彼らの足を洗い終わり、上着を着けて、再び席に着いて、
彼らに言われた。「わたしがあなたがたに何をしたか、わかりますか。

あなたがたはわたしを先生とも主とも呼んでいます。
あなたがたがそう言うのはよい。わたしはそのような者だからです。

それで、主であり師であるこのわたしが、あなたがたの足を洗ったのですから、
あなたがたもまた互いに足を洗い合うべきです。

わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、
わたしはあなたがたに模範を示したのです。

まことに、まことに、あなたがたに告げます。
しもべはその主人にまさらず、遣わされた者は遣わした者にまさるものではありません。

あなたがたがこれらのことを知っているのなら、
それを行なうときに、あなたがたは祝福されるのです。

Pocket
LINEで送る