時に適って美しい神様の仕事

Pocket
LINEで送る

先日 仕事をしていてこのようなことがありました

webサイトに記載された住所変更を依頼しようとして
たまたまあるページを開きながら電話をしたところ
既に修正が終わっている と言うのだけど
私が開いていたたった1ページだけ修正が漏れていて
その場で修正指示を出すことが出来ました

私は意識してそのページを開いたのではなかったので
神様が教えてくださったと思いました

仕事をしていると このようなことは多くあります

複数の違う金額の商品を 適当に
大体これぐらい と値引き価格を決めていき
あとでそれぞれの値引き率を計算したら
一寸違わず同じ値引き率だったこともありました

こういったことは仕事以外でも起こります

特に用はないのに普段行かない場所に行き
特に何かを探しているわけでもないのに
何故かエリア地図を眺めていたら
教会の姉妹がやってきて
道に迷ったから教えて欲しいと
言われたこともありました

私が自分の人生に求めるものは 神様だけです
神様といつも共にいて 神様のなさりたいことを
お手伝いすることだけが私の望みであり
それ以外に興味はありません

神様から与えられた賜物や
その賜物に対する思いはありますが
それ以外に何か思うことは何もないのです

勿論 そのように思う理由はあります

それは 神様の義だけを守っていれば
必要が全て与えられることを
身をもって知っているからです

私に 着たい服や欲しい靴はありません
ですが TPOに合わせた服は必要だし
服に合った靴は必要です

欲しいものはないですが
しかし場に合わない服しか持っていなかったり
服と靴が合わなければみっともないと感じる
美意識は持ちあわせているわけです

と言ってもそれは 人に不快感を与えない程度に
というニュアンスであり
自分が楽で気持ち良く着れて
自分に似合ってさえいれば何でも構いません

これが欲しい という気持ちは薄いものの
これが必要だ ということはわかっているし
これは嫌だ という気持ちはあるのです

なので服を探すにも以前は一苦労でした

これは嫌だ という思いに対して
妥協をしてしまうと結局着ないので
気に入る服が見つかるまで絶対に買わなかったからです

特にお客さんに会うような仕事をしている時は
同じ服を二度連続で着ていくわけにもいかないし
本当に面倒だと思っていました

ですが クリスチャンになってからは
人から服を頂くことも増えましたし
そろそろ服を買わなければいけないと感じると
気に入ったデザインの服がすぐ見つかるようになりました

自分で具体的にそれをイメージしたり
探しに行ったりする必要がないのです

正に 聖書に書いてある通りだったのです

マタイの福音書6章31-34節
そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、
何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。

こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。
しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに
必要であることを知っておられます。

だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。
そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。

だから、あすのための心配は無用です。
あすのことはあすが心配します。
労苦はその日その日に、十分あります。

勿論 自分が何を着るのかを気にして
楽しみにしている人がいることを否定はしません

若い頃は プライベートにおいては
自分の気に入ったブランドの服を買い
新作発表のイベントに参加すると言う
楽しみを持っていたこともありました

ですが その頃に好んでいた全てのものを
神様は 預言的に着ない方が良いと示されたし

他の人にとってはわかりませんが
少なくとも私にとって それは不要のものなのです

神様と自分の趣味 どちらを選ぶかとか
天秤にかけるまでもなく神様を選びます

それに思いや時間を割くことは
勿体ないと思っていることだから
簡単に捨てることが出来るのです

聖書に書いてあるからその通りにしてるというより
私が求めていたことが聖書に書いてあったので
喜んでそれを受け入れたのです

念のため言うと 神様が私に
持ち続けて欲しい趣味については
私が手放そうとしても神様が
やりなさいと示されますから
全員が全員 同じではないことを特筆します

例えば ゲームや音楽 コンテンツについては
神様の御心を現すフィールドとして示されており
それについては服のように
何もしなくても必要が与えられるということはありませんし

神様と共に体験し 積み上げていき
考える力を養われていると感じますし

迫害やいじめがないだけ有難いですけど
「異邦人のスタンダード」を重んじる人とは
会話が全く噛み合いません

そんな遊びなどやめて着る服を気にしなさいよと
言われてしまうわけです

神様の召しを中心に会話が出来ないことは
異邦人である生き難さであり

多くの人たちが その苦しみにより
自分本来の生き方を見つけるのに
苦労をしているのだろうと思います

世の中で 摩擦を少なく生きたいと思えば
神様の言うことより人の言うことを聞く方が楽ですが
人の言うことを聞いて命は得られません

興味がないけど必要なものは
神様の義を第一にしていれば
きちんと神様から与えられます

この事は 自分の本来の仕事の周囲にある
枝葉に苦労している全ての人に朗報であると思います

Pocket
LINEで送る