神様の示しに期待をするために

Pocket
LINEで送る

ここ数日 神様から示されていることがあります
それは「あなたが欲しくないものを
私は与えたい」というニュアンスのことです

神様が与えたいと思うからには
それは良いものです

ですが私はそれを嫌がっているのです

確かに 他の人が神様から
み恵みを貰う姿を見ていたとき

その人は喜んでいるから素晴らしいけど
私はそれは要らないなぁ と思っていたのに
神様が私にもくださった ということは
過去に何度も経験があります

ですが 私が求めているものは
ただひとつなので
それ以外のものに時間を
割かなくてはいけなくなることが嫌なのです

しかし神様が示されていることは
成長過程において 共に過ごす人や
関わりあい方が変わっていくことを
意味しています

次に進みたくない ということは
今の過程がまだ完了していない
ということです

理屈であれば どうすればいいのかわかります
ですが私はそれを祈ることすら嫌でした

実際 とても素晴らしいものを見ても
私はそれを喜べないのです

しかし それは希望がないからだと
以前 ある人から指摘されたことがあります

なので今日は 希望が持てるように祈りました
希望が持てない根っこの部分が
癒されるように祈りました

大きな召しがある部分というのは
特に敵の攻撃により傷ついていて
なかなか向き合えないことがあります

神様の素晴らしいものを
喜べなかったら それは悲劇です

癒しと解放があるように
自分のために祈ります

Pocket
LINEで送る