問題の根にみことばを宣言する

Pocket
LINEで送る

先日のガジマ牧師のメッセージによる打ち破りにより
高揚感を伴わない解放感をとても感じています

自分を縛るものは何もないという感覚ではなく
自分を縛ろうとするものはあるけれども
それとどう向き合うかも自分自身に選択がある

という感覚です

もし 自分を縛ろうとするものに対して
力で抵抗しようとすれば
相手と対等になってしまいます

敵の思惑は 自分の次元(レベル)へと
相手を引きずり落とすことなので
向き合ってはいけないのです

イエスさまが伝道を始めた時
イエスさまの家族に対して
彼は気が狂ったと言った人がいました

家族はその言葉を聞き 心配したのか
イエスさまを家に引き戻すためか
イエスさまに逢いに来ました

イエスさまに お母さんとご兄弟が来ていますと伝えると

天におられるわたしの父のみこころを行なう者はだれでも、
わたしの兄弟、姉妹、また母なのです。(マタイ12:50)

と 仰います

お母さんに向かい合って 状況説明をしようとしたり
お母さんの過ちを指摘したりはせずに
ただ「御国の真理」を述べるだけなのです

お母さんや弟は 後にはイエスさまがやることを信じ
使徒として働かれたりするようになります

問題に向き合わない 問題を過大評価しないというのは
このような姿勢です

以前も書いたと思いますが
マザーテレサが反戦の集会には参加しないが
平和について語り合う集会であれば参加する
と言ったことも同じことです

枝葉と向き合うことなく 根に対して
みことばを宣言していくことが
敵にとって一番の打撃となるのです

Pocket
LINEで送る