みこころを祈る

Pocket
LINEで送る

今日の神様からの示しは
この地に根差すこと この地を愛すること

神様が愛するように 人々を見て
神様が愛するように 人々を愛すること

でした

クリスチャンは 何が義で何が罪なのかを
知る知恵知識を与えられる特権があります

聖霊さまを頂くということは
そういうことです

それは この世においての
義や罪とは違います

この地を 宇宙を 私たちを含めた
あらゆる目に見えるもの 見えないもの
私たちを取り巻く全てを創られた方が
定められた義と罪であり

その根底に流れるものは愛です

この地で言われている義と罪は
人が考えて作ったものであって
地域差があり 根底にある暗黙のものも
土地土地により存在します

また 育った家や接した人によっても
変わってきて それは人に必ずしも
自由を与えるものではありません

愛が基準となるものもあれば
呪いが基準となるものもありますし
不義が基準となるものもあります

正しいと思って守っていることで
返って苦しめられることも
多く含まれているのです

ですが 神様の義は違います
人々を罪の呪いから解放し
心からの平安と 霊や魂に至り
世代を越えていくような
健康と繁栄をもたらしてくださいます

神様は 人の罪を全て忘れてくださいました
ですがそれは イエスさまが
全ての罪を背負ってくれたと
信じることが条件になっています

罪が 無条件に消えるわけではないからです
イエスさまが背負われた故に
罪を犯さなかったことにして
聖霊さまを与えることにより
本当の義に歩めるようにすると
神様が決めてくださった

だから 罪が赦されるのです

ただ 神様は時間に縛られない方ですから
今はイエスさまを受け入れていなくても
将来 受け入れる人に対しては
既に受け入れた人と同じように
ご覧になっておられます

また 受け入れない人について
神様は 時がくるまでは裁かないことを
決められました

ここに躓く人が多いのですが
しかし神様はそう決められたのです

ですから その時が来るまでは
神様は裁くことはせずに
ただ イエスさまを通して
教えることだけをされました

知らなければ罪にならないのです
神様の基準を知ってなお
人の不義を義だと主張するものが
罪に定められるのです

神様は 全ての人に生きて欲しいので
その不義を取り除いてくださろうと
たくさんのお膳立てと 愛とみ恵みとを
注いでくださいます 教えもします

罰で こらしめることで
改心をさせる方ではなく
罪の故に苦しむ人を 泥沼から
救い上げて そのみこころを
現してくださる神様なのです

根底に流れるものは愛です

人が苦しむのは 自分の罪の故ですが
その苦しみから救ってくださいと求めれば
神様は救ってくださるのです

決して 罪人を裁かれません
私たちが罪を犯しても神に裁かれないのは
その約束がある故であって
それは終わりの時まで行われないのです

あなたに対して悪いことをする人がいて
あなたが苦しんでいたとしても
あいつを裁いてください という祈りは
決して叶うことはありません

神様はそんなことをされる神ではないからです

それは祈りではなく呪いであり
もしそれが叶うのなら 為されたのは
神様ではない存在によります

ですから 罪人が罪に定められるように
祈ることは 偶像崇拝になってしまい

神に赦されたという特権を
自ら手放す祈りなのです

人の罪を見て裁くなら
あなたの罪も裁かれると
聖書には書いてあるからです

人の罪に苦しめられた時
神様が喜ぶ祈りとはこれです

その人の目が開かれて
神様の愛を知ることが出来ますように
神様に満たされて 何が義で何が罪か
知る知恵知識を与えられて
悔い改める機会が与えられますように
あなたの愛とみ恵みとで
その人が罪を犯さなくなりますように

神様 私はこの人の罪を赦すので
どうか私をこの苦しみから救ってください

相手が イエスさまにより
義に立ち返ると信じることが
御国の尊敬の文化です

神様は 全ての人が神様に立ち返り
命を受けることを望まれていますから
そのみこころを祈ることが
神様に喜ばれる祈りです

私たちが御国の文化に生き
そして神様の栄光が私たちの周りに
流れ出ていけば 人々は
神様の素晴らしさに気付きます

私たちが呪いを打ち砕く宣言をする時
御国が地を勝ち取るのです

Pocket
LINEで送る