受ける者としての態度

Pocket
LINEで送る

今日は 神様がたくさんの愛と御恵みを見せて下さいました
その中で語られたのは 奇跡を受ける態度です

神様は 人の努力に対しての報酬として
何かを与えられるのではありません

受ける者としての心をご覧になり
奇跡と御恵みとを注がれます

多くの場合 人が御恵みを
受け取り拒否をしているのです

聖書にも書いてありますが

もし人が努力をした結果御恵みが注がれれば
人は自分自身の努力を誇ります

私は聖書の義に基づいた行いをしている
私は神様のために働いている

それは 奇跡や御恵みを受ける条件ではありません

御国の義に対しての報いはあります
御国はそういった人のものだと書かれています

神様のために働けば相応に報酬は与えられます
働く者が受けるのは当たり前だと書かれています

ですが 奇跡と御恵みというのは
求めるものに与えられるものです

私は充分受けているので奇跡や御恵みは不要です

実は内には乾きがあるのに
そのような態度をする人が多いのです

或いは 私の周囲の人に多いのですが
御恵みを受ける意味が分からない
自分にそれを受ける資格があるとは思えない
という声もあります

もしそうであったとしても
神様のことを知りたい 神様の愛を感じたい
もっともっと神様を体験したいと
神様自身を求める人に対して
神様は 御恵みをねじ込まれるのです

困難な時に
神様はこんな時 私にどのような態度で
いて欲しいだろうか と思い巡らしたり
直接神様に聞くことも大事ですが

普段通りの何もない時
いつも通りのことをする時にでも
神様に意識を向けることで
思いも寄らないことが起きることがあります

いずれにせよ 神様を思い巡らす時に
聖書の言葉というのは基本中の基本であり
みことばを思い巡らすことは そのまま
神様のことを思い巡らすことになります

神様を愛することを第一にする
それが 御恵みを受ける者の態度だと思います

Pocket
LINEで送る