神様の愛の介入

Pocket
LINEで送る

今日は 礼拝で今までにない霊的なみ恵みが
注がれたことを感じました

今までもよく 上から光が流れてくるビジョンを
見ることは多かったのですが 大抵はその中に
何か汚れのような ゴミのようなものが混ざっていました

自分の思いや敵が投げ込んだゴミかな?と
思っていてそれが取り除かれるように祈っていたのですが

今日 それの正体と神様の愛の介入を見せて頂きました

その前準備として だと思いますが

ここ数日 神様より「赦すこと」についての意味を
もっともっと深く理解して欲しいという促しがありました

相手を赦すことは あなたがその人の背負うべき
咎を背負わないために必要なことだ

と仰るのです

もし人に対して怒りを持ったら その相手のゴミ
相手が背負うべき罪をあなたも背負うことになる

だけど全人類の罪は イエスさまにより既に
全て購われたものなので人が背負うべきものではありません

赦さない心を持つことで
その重荷を背負ってしまうわけです

神様は仰いました

敵により負わされるものは全て手放し
私の負わせるものだけを負いなさい

赦さなければ 相手が負うべきものを
一緒に背負うことになると神様は仰いました
そうやって罪を背負いあうことを
神様は人に対して望んでいないのです

赦すこと それは相手のためではなく
あなたのためだ と何度も何度も語られました

自分のやり方で相手を助けようとしないで欲しい
あなたには私のくびき以外を背負わないで欲しい
あなたを愛しているからこう言うのだ

と いう神様の思いを とても強く感じました

その愛に応えるべく 深い深い根本的なところまでの
赦しを宣言して 今日を迎えたわけですが

礼拝中 私はいつも通り注がれる光と
その光の中に汚れがあることを感じました

ですが神様は 汚れが混ざった光が私に到達する前に
中に混ざっていた黒いものを全てより分け
私には光だけが降り注ぎ 黒いものは
全て私を避けていくようにしてくださいました

そして その黒いものの正体は
私に恵みを流す人が持っている
「不要なもの」であったことを示されました

先日の預言セミナーでも学びましたが
もし 神様のみ恵みを流す人が
自分の思いや敵のゴミを混ぜてしまうと
神様のものが歪められてしまいます

それは預言に限らず 恵みについても言えることで
今まで混ざっていたゴミを神様がより分けてくださり
背負うべきではないものが私に
降りかからないようにしてくださったと感じました

その時に注がれた光は 本当にとてもまぶしくて
今まで感じていた余計な感情を全て超越して
神様の与えようとするものをただ
素直に受け取ることが出来ました

長年 祈り続けていたことに対する回答でした
今日は 素晴らしい始まりの時だと感じました

Pocket
LINEで送る