祈りで共に働く者となる

Pocket
LINEで送る

今日の神様からの示しもとてもシンプルでした

私たちは証人として召されている
為されるのは神様であり
私たちではないが しかし

私たちには 祈る責任がある
ということです

本当に辛くて苦しいとき
何を祈ればいいのかもわからない時
私たちには異言の祈りがあります

ですが ある時を境に神様は
私自身がどうしたいのか
ということを 考えるように
示されるようになりました

以前も書きましたし
何度も書いていますが

神様は ロボットが欲しいわけではなく
共に働く同労者を求めておられ
私たちに証人となってもらいたいと
願っておられるからです

時に 自分には何も出来ることがない
という思いからか 一所懸命に
自分でやろうとしてしまうことがある

ですが そういった「自分勝手」を手放せば
私たちがやるべき良いことは もう
既に備えられていることを知ります

そして 建て上げられていくことと
良いものが積み上がっていくことを
見ることになり

それが 自分から出たことではないと
わかる故に 神様に全てのことを
感謝することが出来るようになる

試練はあります
ですがそれは 神様以外を手放すため
神様しかいないというところへと
至る試練であると思う

みめぐみの中で憩い 創造の力の中に
歩めることは 本当に素晴らしいです

Pocket
LINEで送る