人の思いと神様の約束

Pocket
LINEで送る

どんなに人の思いや考えが
多様であったとしても
真理が多様であるはずはありません

この世の摂理の原理原則が
変わらないことは

神様ご自身が 義なる方であり
一度決めたことを決して
覆すことがない方であるからです

例え 人に多様な思いがあったとしても

神様の作られた世界の中で生きるものが
神様の定められた理を否定したところで
その理が変わることは決してありません

神様は 神様に反発をして滅びる人にも
等しく愛とみ恵みとを注がれます

ですが

私たちに対しては 神が愛を注ぐように
愛を注ぐようにと教えながらも

彼等と共に歩いてはいけないと戒められています

神様の御心 神様のやり方で
一致をする場に居ることが出来るなら
それに勝る幸せはないと確信しています

好きなことをして滅びるのは人の勝手だ

と 言う人は多いのですが

しかし神様は 罪で滅びることなく
いのちを受けて欲しいと仰っており

いのちを受けるものには
特別なみ恵みを注がれます

滅びるために生まれたのであるなら
その人生はあまりにも虚し過ぎると思います

伝道者の書2章24-26節
人には、食べたり飲んだりし、自分の労苦に
満足を見いだすよりほかに、何も良いことがない。
これもまた、神の御手によることがわかった。

実に、神から離れて、だれが食べ、だれが楽しむことができようか。

なぜなら、神は、みこころにかなう人には、
知恵と知識と喜びを与え、罪人には、
神のみこころにかなう者に渡すために、
集め、たくわえる仕事を与えられる。

これもまた、むなしく、風を追うようなものだ。

ここに書かれたことが真理であるとしても

神様は ひとりとして滅びることを望んではおられないのです

Pocket
LINEで送る