神様の愛の中に憩う

Pocket
LINEで送る

今日は 神様が私のあらゆる側面における
アイデンティティを回復してくださいました

長く祈っていたことに対して
ついに解放の時が来たようです

神様が私に対してお持ちのご計画が
本格的に動き出したことを感じました

実は 今月末~来月あたりから新しい生活が始まります

今月は その準備のための期間となるのですが
その中には 新しいチャレンジがあったり
心配と完全に決別する必要性があったり

祈りでしかどうにもならないような
事柄が山積したりしています

今日はその初日となったわけですけど
いきなり全てに対処出来るわけもなく
自分に把握出来る範囲のことだけに
アクションを起こしました

自分が動くだけではなく 周囲の人が
動いてくれたこともいくつかあったので

たった1日でしたが 相当に濃い内容の
気付きと解放を体験することが出来ました

ですが ただ奇跡が起きれば良いというものではありません

第一コリント人への手紙13章1-3節
たとい、私が人の異言や、御使いの異言で話しても、
愛がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです。

また、たとい私が預言の賜物を持っており、
またあらゆる奥義とあらゆる知識とに通じ、
また、山を動かすほどの完全な信仰を持っていても、
愛がないなら、何の値うちもありません。

また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、
また私のからだを焼かれるために渡しても、
愛がなければ、何の役にも立ちません。

正直なところを言うと

神様は忠実で恵みに富んだ方である故に
神様の約束を掴んで実行すれば
それは確かに結果を生み出します

ですが 本当に大切なことは
そこに愛があるかどうかであり

神様は 愛そのものです

神様に背を向けて愛を実践することは出来ません

心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、
あなたの神である主を愛せよ。

多くの奇跡が起きているからこそ
この原点に立ちたいと強く感じました

Pocket
LINEで送る