私に与えられた召し

Pocket
LINEで送る

今日の示しは 実質的には昨日の続きだな

と思うようなものでした

大変シンプルなものです

今日のQT箇所は 姦淫の罪で捕まった女性を
律法学者たちが連れてきたお話です

イエスさまは 罪を犯したことがない者から
彼女に石を投げるように言いました

するとその場には誰もいなくなり
イエスさまも 彼女にあなたを罪に定めない
今からは決して罪を犯してはなりません

と 仰るという有名なお話です

先日の 尊敬の文化スクールでもこのお話は出てきました
神様のご性質と御国の文化参照

この箇所を読み終わると 思い出されたのが
幼い頃の知人の中で 権威をかさに着て
良い思いがを出来ることを喜ぶ人たちのことでした

折角思い出したので 彼らを赦し祝福する祈りをして
なんとなく憂鬱になっていたら

イエスさまがビジョンを見せてくださいました

イエスさまが たくさんのひよこを抱えています
足元にもたくさんのひよこがいます

餌を与えようとするのですが
ひよこはイエスさまから離れたくなくて
餌をやる邪魔をしています

そこでイエスさまは私に語られました

澄子 過去のことはもういいから
この子たちを育てるのを手伝って

ああ これが私に与えられた召しなんだな

と 改めて思いました

イザヤ書43章18-21節
先の事どもを思い出すな。昔の事どもを考えるな。
見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。
あなたがたは、それを知らないのか。
確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。

野の獣、ジャッカルや、だちょうも、わたしをあがめる。
わたしが荒野に水をわき出させ、荒地に川を流し、わたしの民、
わたしの選んだ者に飲ませるからだ。

わたしのために造ったこの民はわたしの栄誉を宣べ伝えよう。

神様のために造られたものであることに
本当に感謝します♡

Pocket
LINEで送る