神の目による視野を広げる

Pocket
LINEで送る

今日のQTからの示しは
俯瞰的に状況を見ている人と
主観的に状況を見ている人とで
何が違うのかを示すものでした

私たちは キリストにあって1つの体ですが
ひとりひとりは違う臓器 違う器官です

最近 違う臓器である兄弟姉妹と
それぞれが神様から与えられたものを
互いにシェアしあうことで
目が開かれるという体験をしています

もし 自分の目線からだけ物事を見ていたら
例え神様に忠実に歩いていたとしても
神様のほんの一部のご性質しかわかりません

ですが 神様が他の人に対して
どのように語りかけられたかを知る時に

自分だけでは悟り得ない
他の人が担っている神様の姿を
垣間見ることが出来るのです

見聞きする対象は
人の思いではありません
人の行いではありません

神様の御業は間違えなく
誰の内にあっても本当に美しいのです

このことは 本当に感動があります

そのことに感謝をしていたら
QTでこのような語り掛けを頂きました

愛する澄子
人は賜物によりほんの一部分を垣間見ます
全てではありません

互いに愛し合い互いに尊重しあうなら
その全てを知ることになりますが
もし自分が見ている部分だけを尊重するなら
その人は偏った人になるのです

私はそのような偏りを良しとするでしょうか
それは平和を招くでしょうか
それは一致を招くでしょうか

また 神から出たものではないものを持ちこんだら
そこに一致はあり得るでしょうか

ひとりひとりが臓器であり一部です
ですが もし一部だけ感覚がマヒしていたり
余計なものがついていたらそれは病んでいます

ひとりひとりが完全になるのではありません
全員でひとつになるのです

牧者だけがわかっていればいいのではありません

無理か無理ではないかを人の目で判断して
自分たちの方法でやるのは人のやることです

人に力があるのではなく神に力があるのです

神様から与えられたものを互いにシェアをする時
それは 間違えなく倍増します

(自分にとって)新しい神様の御業を知り
本当に恵まれます

人の理解に頼ろうとすれば
頭でわかった瞬間は悟ったような錯覚に陥り

頭ではわかっているけど無理!という
葛藤と闘うことになりますが

神様の方法は違います

頭でわかっていても出来なかったことに
易々と打ち破りを与えてくださいます

イエスさまは 全てに勝利されているのです

ブレイクスルーが 人の悟りとしてではなく
神のみ恵みとして与えられていることに
本当に 心から感謝します

Pocket
LINEで送る