敵の嘘を打ち砕く

Pocket
LINEで送る

先週から今週にかけて 新しいことが多く
ここ1週間ぐらいは何をするにしても
お祈りや賛美をし続けていたのですが

今日は その祈りの答えが形になって
現れ始めたことを感じる日となりました

ブレイクスルーのきっかけになったのは
朝のQTでした

唐突に イエスさまが為さった偉業は
アダムとエバの時代から今に至るまでの
天文学的な人数の人類全ての上にあり

神様は その全ての一人ひとりの髪の毛の数まで
把握出来る方なんだよなぁ

というか 人だけではなく鳥や植物
それこそ野の花の1本にまで
あまねく気を配ってくださる方で

そんな中の1人に過ぎない私が
どんな人生の選択をするかなんていうのは
本当に些細なことなんだけど

それなのに 私の選択一つ 発する言葉一つで
全天を揺るがすような神様のみちからが
流れるかどうかが決まってしまうのだ

ということに思い至ったのです

自分がどれ程に小さなものであるかを悟ったのと同時に

人が神様に忠実に行動することで
神様の力が世に解き放たれることを
全人類の時間軸の中で考えた時に

自分がどれほどにちっぽけな存在であったとしても
ひとりひとりがきちんと神様に忠実になった時
そこは神様の御力が溢れる豊かな御国となる

神様は なんてことに人を選ばれたのだろう
と 思いました

それなのに 自分の感情一つでそれを
敵の足の踏み場にするとか
本当にないな と思ったのです

神様が望んでくださっているのに
私自身が決めかねている事柄について
私のちっぽけな思いなんていうのは
本当にどうでも良くて

神様が望んでくださるという幸いに
感謝したい気持ちが溢れました

ヨハネの福音書3章16節
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。
それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、
永遠のいのちを持つためである。

このみことばの通りに

一人ひとりを聖なる霊の宮としてくださり
イエスキリストの花嫁としてくださったこと

自分が ただ居るだけで愛されている
ということをものすごく俯瞰的に
捉えることが出来たのです

昨夜はりゅうくんに色々なことがあったのですが
今朝 私もりゅうくんも神様から
敵の嘘に打ち勝ったことを褒めて頂きました

新しい始まりの時が訪れたことを感じました

Pocket
LINEで送る