ただ神様の御心のままに

Pocket
LINEで送る

恐らく昨日までの祈りや心の叫びが
聴かれた結果であるように感じますが

今日は 今まで起きたことがないことが
色々と起こりました

と書くと他人事のようですけど

神様から促されて私が動いた結果
それらのことは起こりました

私に与えられたのは「思い」だけで
意図は全く持っていませんでした

なので 相手から結果を聞くことにより
神様はそういう意図をお持ちで
私に思いを与えられたのかー

と いうことがわかった という感じで
用いられたことを嬉しく思いました

私は ただ与えられた思いに応答しただけでしたが
その応答に対して 神様が事を動かされたことを
教えて貰えたことはとっても嬉しいことでした

というのも 与えられた思いに応答することに
かなりストレスを感じていたからです

その理由は 変化をもたらすものであるからです

勿論 神様からの示しを実行していれば
良い変化しか起こらないのですけど

人には変化を嫌う性質があるためか
或いは変化をさせたくない敵の攻撃なのか

とにかく 変に摩擦が起きることが多かったのです

しかし 神様からはとにかく
「神様に求める」ことを促されています

私が求めることに 神様は
何かを起こそうとされているようです

ただ求める祈りをすればいいだけなので
難しいことではないだろうと思うかもしれませんが

自分で完結させようとする癖がついているので
自分の思いをお願い形式に変換するのに
時間がかかってしまうのです

これをするためにはどうすれば良いだろう
と考えてしまっていたことを
神様これやって!に変換するだけなんですが

思考を逆転させるのは難しいものですね^^;

ですが 神様はそこにツールをくださいました

ひとつは 昨日の日記にも少し書きましたが

間違えた方向に思考を走らせると
アレルギー症状が出るようになったことです

もうひとつは 「花」です

これは 少し前に書いた御国の花のことで
神様のみことばに飢え乾く参照)
これを配ることが自分の使命であると
感じているものです

間違えた方向に思考を走らせると
花のビジョンがやってきて
その方向に思いを馳せることが出来なくなりました

また 求めることを促され思考停止をすると
花を伴ったビジョンが与えられたのです

そのビジョンが神様に与えられた瞬間
りゅうくんが 神様からメッセージを受け取ってくれました

その内容は

あなたは水差しで 祈りにより水が溜まり
その水で花が養われて増える

その花は決して失われることはない

といった内容でした

また 今の状況については
砂漠を渡る船
陽光を遮断するおおいがあって 暑くない
それに乗ってお花畑へ向かっている

というものも受け取ってくれました

その後も 今までにない形で花とメッセージを伴う
ビジョンをたくさん見せられています

しかも なぜ今その話題が出てくるのか
全くわからないような内容だったりもします…

場合によっては私が神様に
「これなんですか?」と
聴く必要があることもあるでしょうが

今日のように
後から誰かが神様が為さったことを
答えとして教えてくれるかもしれない

と思うとそれはそれで楽しみかもしれません♡

Pocket
LINEで送る