神様が望むこと

Pocket
LINEで送る

今日の示しはとてもシンプルでした

というより

今日与えられた思いは と言った方が
良いかもしれませんが

うちでは食事のお祈りをする時 いつも
神様が横に座ってくださいます
(一緒に食事をしてくださいと祈るので)

りゅうくんが長々とお祈りをしていると
神様がナイフとフォークを持って「早く!」と
急かしてくれたりとかもしてw

食事は とっても楽しい神さまとの時間です
いつも本当に幸せだなぁと思っています

今日のお昼は りゅうくんがバイトのため
一人だったのですが

お祈りをしようとすると

神様と楽しみ喜ぶために自分は造られたんだ

ということに対する感謝が
突然 波のように襲ってきました

本当に このために造られたんだ
このために命を貰ったんだ

涙が出ました 本当に心から感謝をしました

いつも一緒に居てくださることにも
喜びを与えてくださることにも感謝をしていましたが

この喜びと感謝のために命を与えられた

ということを深く深く思い知らされたのです

人の中に居ると

何か役に立つことをしないと
疎外されるような空気を感じていました

それは 体調を崩した時に親から
働けないなら出て行けと言われた時に
まあ そう言われるよね と冷静に受け止めてしまうほどに
私の中では当たり前のことになってしまっていました

この「孤児の霊」からの解放をずっと
神様に対して祈っていたのですが

正直言うと それは人の中に居ると
余計に孤児の霊を拗らせるような
出来事ばかりが起きました

解放されたいのに どうしてこんなに
孤児の霊を拗らせるようなことばかりが起きるのか

神様と深くつながることで
何を言われても動じないようにならなければ
いけないはずなのに 何故余計に追い詰められるのか

そう 祈った直後のことだったのです

「神様の方法で」

それは起きたと感じました

本当に 感謝します

Pocket
LINEで送る