自分の思いを横に置く

Pocket
LINEで送る

以前も似たような話を書いたと思うのですが

神様の声を聴くには一旦
自分の思いを横に置く必要があります

自分の思いが邪魔をして
神様に話す機会を与えていない場合があるのです

神様は決して 思いを押しのけて
割って入って来るような神様ではありません

ですが 自分の思いを横において
神様の思いに忠実になれる人に対しては
その思いを明かしてくださるのです

聴く体制が出来ていなければ
神様は語られないので

自分の思いが強くある人に
神様は語られないことがあります

神様は 人の自由意志を尊重されているので
神様が語ったことを受け入れる体制が
整っている人にしか語られないのです

何故なら 一度神様のみことばを聴いてしまったら
そこに責任が生じるからです

知らなければ罪にならないものが
知ってしまうことで罪になることがあるため
受け入れる体制が整っていないなら
神様は まず受け入れることが出来るように
語ってくださいます

そして 受け入れることが出来るようになるのを
お待ちくださるのです

例えば

怖くてやりたくないからやらなくていいですか?

という質問の仕方をしていたら
やりなさいと言うわけにいかなくなります

こういう場合 神様は
恐れの心を取り除いてくださいます

励まされて強められ
出来るようにしてくださいます

しかし そういう時に神様以外の存在が
鞭打ってくることもあるかもしれません

そういう時は 鍛えられていると思ってください

人に何を言われたとしても
神様が言うことを信じて掴む訓練です

硬い石から美しい彫刻を掘り出すように
削られているのだと思ってください

過去記事もご参考ください(神様との親しい会話のために

Pocket
LINEで送る