感情を乗り越える

Pocket
LINEで送る

今日は私の意志と関係なく
示しに従って歩く日となりました

心の中ではありえないだろうなぁと思いながら
でも もしこうであったらこういう行動をしよう

と 思ったこと(あり得ないはずのこと)が
全て現実になってしまったのです

それは 私にとってではなく
りゅうくんにとって必要な事柄ばかりでした

行く先々で りゅうくんが神様の御心に
触れられていることを感じました

こういう日 りゅうくんが満たされていることが
私にとっての報酬です

というのも 実は最近
りゅうくんにある法則に気が付きました

神様の大いなるみ恵みが注がれる時
彼が求める良いものが得られようとする時

彼は 大変不機嫌なのです

ですが これについては私も
過去に身に覚えがあります

悪い印象を抱く事柄ほど
自分にとって良いものであることが多いのです

この世を支配する力が
人の祝福を盗み壊すことを
最大の目的としているのであれば
この感覚は正しいはずです

良いものを選ぼうとする時に
この世の力は「それは悪いものだ」と嘯くはずですから

なので 感情に支配されてはいけないのです

感情に流されていたら絶対に
良いものを選べないように
この世の力は働きます

神様を選ぶというのは
そういう意味で試練なのです

自分の思いを捨ててでも
神様が用意した良いものを選び取る

そうやって勝ち取ったときの報いは
とてつもなく大きいことを感じます

Pocket
LINEで送る