必要の先にあるもの

Pocket
LINEで送る

今日は昨日示された通りに
求めることを喜ばれる神参照)
思うことを書き出そうと思ったのですが

どうにも体がいうことをききません
何か物凄く緊張をしているようでした

お祈りをしても休んでも
一向に良くならなかったのですが

そういえば昨夜りゅうくんに
マッサージをしてもらってなかったな

と思い出し マッサージをお願いをしました

マッサージをしてもらっていると
自分が背負うべきではない重荷を
背負ってしまっていたことを示されたので
それを手放すお祈りをしました

神様は 本来りゅうくんのマッサージという
行動を通さなくても私に何が原因かという
メッセージを伝えることは出来るはずですが

りゅうくんにほぐしてもらうこと
りゅうくんが愛を注ぎだすことが
預言的行動になっているのです

昨夜は夢の中で明確に
そのことを示されました

りゅうくんと私 別々に夢を見たのですが

りゅうくんは 自分自身が向いている先が
神様からどのようにずれているのかを示され

私は もし神様の愛をもっと感じたいなら
他の人のことを祈るようにと
りゅうくんに教えるように促しを受けました

私自身は 日々神様から思いを与えられ
具体的に 誰に対してどのように
祈ればいいのかを受け取ることが出来ますが

りゅうくんは まだそこまで周囲に
意識を向けることに慣れていません

なので昨日は私が
りゅうくんに祈って欲しいことを
神様に尋ねて書き出すということをしました

正直 本当にこれで大丈夫なのかな
きちんと神様から祈りの答えを受け取れるかな

という不安が若干あったのですが
自分の不安がその場を支配しないように
お祈りの課題のメモを渡してすぐに
お手洗いを口実にその場を去りました

するときちんと神様から
祈りの答えを受け取っていたので
大丈夫だったーと安心しました

そして今日

りゅうくんにほぐしてもらうことで
重荷を手放してから やっと
自分自身の思いに意識を向ける余裕が出来ました

書き出してみると すぐ具体的に
祈りの答えがやって来るものもありました

あまりに即座に答えが来るので
かなりびっくりしましたが

同時に神様は あなたの望みは
こんなもんじゃないだろう?

と 示されているかのように感じました

確かに 祈りは即座にすぐに聞かれます
ですが 私が本当に望んでいるのは
それではないのです

そういったことがあった後に
神様から示された啓示はこれでした

人に与えられた召しはいくつもあるわけではありません
しかし扉(選択肢)はたくさんあります

ですが 思い出してください

どんなに外にたくさん扉があったとしても
どの扉を開ければ神の愛を受け入れることが出来るのかを

それは 以前教会の姉妹に貰った
預言の絵を指していることにすぐに気が付きました

たくさんの扉を1つずつ開けるのだけど
開けてみては これは違うと閉じていく

しかし自分の心の扉を開けると
神様との愛の循環が始まり
それは二度と途切れることはない

これは りゅうくんの愛を受け入れた時に
示されたメッセージです
(その姉妹には話してなかったのですが^^;

そのことを思い出しなさい と
示されていると感じています

確かに今 祈ることは全て神様は聞いてくださっています

ですが 神様は あなたの本当の望みは
それじゃないと仰っている

人から与えられたものではない
自分自身の本当の望みに
きちんと目を向けるようにと
示されているように感じます

それと 神様が私のためにしてくださっている
私の範囲を遥かに超えたことの関係が
自分の中でしっくりこないのも確かなのです

このことは

最近 りゅうくんと話しをしていた
「30万円あったら何をする?」
という話とすごく似ているなぁと思います

30万あれば 大抵の趣味モノは買えるので
そのお金の使い方でその人の趣向は
大体わかる という話があったのですが

必要なものが満たされていないと
先に必要に使おうとしてしまう

例えば今の私であれば迷わずPCを買うわけですが

その必要がすべて満たされて
必要なものが何も無くなった時に

更に30万自由に使えるとしたらどうするか

を考えてみよう

という話をしていたのです

今 神様に祈ったことが全部叶ってしまうのは
そのことにとても似ているように思いました

「必要がすべて満たされたその先」を
見据えるように促されていることを感じるのです

Pocket
LINEで送る