過去を取り返してくださる神

Pocket
LINEで送る

今日は 私の人生にある
神様の御心について書いてみます

大変個人的な話ではありますが(苦笑

このお話の本質的なテーマは
「子どもらしくあれ」ということです

全く向き合えていないですが
ゴールがそこであることは理解しています

私とりゅうくんはネットゲームで知り合いました

ですが ネットゲームをすることに対して
私は大変な抵抗がありました

当時 私は自分のパソコンで
お客様の個人情報を扱っていたのですが

ネットゲームというのは
「ウイルスを常駐させるようなもの」
と言っても過言ではないほどに
セキュリティホールになりやすいのです

ですが 神様からネットゲームをするように
促されているということを人に話したときに

「自分が遊びたいだけなんじゃないの?」

と言われて 大変カチンと来ました

私はやりたくないのに示されてるけど
どうすればいいのだろう

と相談しているのに 自分がやりたいだけなのを
神様のせいにしているんじゃないの?
と言われたからです

そして同時に こういうことは
人に相談するもんじゃないんだな

とも思いました

個人的な示しというのは 人には
わからないものなのだと感じました

それはそれ 矢張り何度否定をしようとしても
やるように促されていることを否定出来ない

これはもう自分が折れるしかないと思い
諦めてゲームを始めたのです

が そのゲームの中で 数々の
未解決の人間関係と向き合うことになり

最終的にはりゅうくんと出会うことになります

御心だったことは間違えないわけですが

しかしだからと言って
ゲームをすることに対する抵抗が
無くなったわけではありません

私のゲーム好き 機械好き パソコン好きは
物心ついた時からのもので
境遇も大変恵まれていました

み恵みであったと言っていいと思います

機械音痴だった両親が持て余していた
音響装置を3歳ぐらいから操作していたし

小学生の時(今から30年前です)には
市が無料でPCプログラミング教室を開いていました

ゲームは 喫茶店のインベーダーゲームから始まり
中学生になり絵の道へ行くことを決めてからも
インターネットをするようになってからも
人間関係においてはゲームが私の人生の中心でした

ですが 自分にとってゲームというのは
敵視する対象でもあったのです

その原因は 小学校三年生の時に
父と母の両方が緊急入院をしてしまい
家に大人が誰もいなくなってしまったときの経験です

家に誰もいない状態になった時に
遠方に住んでいて忙しかった祖父から
ゲーム機が一台送られてきました

家に大人がいないというのは
大変恐ろしい経験でした

ですが 与えられたのはそのゲーム機一台のみです

勿論 私はゲームをすることに没頭しましたが
それは 恐怖感から逃れるために他ならず

自分にとって楽しみだったはずのゲームが
苦いものとして置き換えられてしまったのです

その後ずっと 自分はゲームに逃げているのではないか

という思いが付きまとうようになり
純粋にゲームを楽しめなくなってしまいました

そして 私が神様からネットゲームをするように
促された時期というのは 夜中に一人で家で
留守番をしなければならない時期でした

子どもの頃の状況と 似ていたのです

正直言うと ネットゲームを始めたことで
ネット経由とは言え人と繋がっていられたことは
かなり私の不安を緩和してくれました

ですが 安心してしまうからこそ
依存しているのではないか
という思いがとても強くありました

しかし神様は 失ったものを
取り返してくださる方なのです

りゅうくんに言わせると
私はゲームに関して あまりにも
祝福されているように見えるそうです

確かに私自身 ゲームをする時には
神様が私を喜ばせるために
前を歩いていてくださるように感じます

でも それでも依存しているのではないか
本当に神様なのだろうか という思いがとても強く

どうやってそれを手放せばいいのか
全くわからないのです

ですが今日 神様はこの件に対して

あなたのそれは不信仰なのではなく
傷があまりにも深すぎるだけ

でもあなたがどんなに拒否をしても
私はあなたに恵みを注ぎ続けるよ

と 示されました

その時に

神様により強められることは可能だ

ということを ほんの少しですが
掴めたような気がしました

まだこの件について自分の中で
消化出来ていない問題ではありますが

神様は りゅうくんを通して私に
「遊びなさい」と示されています

ゲームを創るという召しを持って
りゅうくんが私のところに来た以上

ゲームを楽しまない人生は
あり得ないだろうとも思っています

癒しと解放が必ずあるだろうことを
ただ信じていこうと思います

Pocket
LINEで送る