自分という人生を歩く

Pocket
LINEで送る

昨日 礼拝の後にりゅうくんが
神様の大きな愛に触れる機会があり

その後ずっと 神様を賛美していました

神様の情熱で りゅうくんが神様から
「私の情熱を受け取りなさい」と
示されていましたが

正にその情熱が注がれた瞬間でした

今までもりゅうくんが
神様を見ることはありましたし

神様のみこころを示されて
いいなぁ いいなぁということは
よくありましたが

あくまでもりゅうくんが客観的に
神様の姿を見ているだけでした

ですが昨日は違いました

神様が注がれる愛に触れて圧倒されていたのです

ところが帰宅すると いつもの
「自信がないりゅうくん」に
戻ってしまいました

さっきまでの喜びはどこに落っことしてきたのー!
という感じでしたが それには理由がありました

実は今日 彼は初めて応募する業種の面接だったのです

未経験可の案件に応募しているので
履歴書や職務経歴書には
希望業種について書けることが何もありません

新卒であれば 未経験は当然のことですから
気にすることはありませんし

私自身 企業で人材採用の担当をしたこともあり
どういう人材が求められるかはよくわかっていますから
自己PRの仕方などは教えておいたのですが

それでも書けることがないのは
不安なのはわかります

職務経歴書を書く間ずっとうにうにしていたので

神様に頼れー!私に甘えるなー!
と 突き放しておきました^^;

(後で謝罪されましたがw

ですが今日 実際に面接に行ってみると
思ったよりも良い反応を貰えたようで
帰ってくると 大変機嫌が良いどころか
姿勢までしゃきっとしていました

自分の実力じゃなかった
神様だった

と言っていましたが

体験してやっと 大丈夫だとわかった時
ここまで人は変わるものなのかと
こちらが驚くほどでした

今まで

りゅうくんが神様と一緒に
神様から示されたことを
出来るようになりますように

と ずっと祈ってきましたし
りゅうくんが神様に向き合わないと
神様の憤りをそのまま
りゅうくんに伝えたりしていましたが

時が来れば それは
神様の方法で為されるんだなぁ

と しみじみ思いました

神様に導かれる人というのは
安心して見ていることが出来ます

本人曰く

私に対する憧れがあり
私が出来ることをやりたいと思っていた

理想の姿である私との違いに
いちいち凹んでいたらしいのですけど

りゅうくんは りゅうくんにしか
出来ないことがあります

それがどれほど素晴らしいものかを
りゅうくんがわかりはじめたことが
何より素晴らしいことだと思いました

Pocket
LINEで送る