神様の作品としての自分

Pocket
LINEで送る

今日の神様からの示しは
私自身が神様の作品だ ということでした

これは全ての人に言えることですが
神様は ひとりひとりを丁寧に
神様のイメージにより創られました

誰一人として 同じ人はいませんし
同じ道を歩む人もいません

同じ境遇にいても 同じようには
感じないし 経験をすることもありません

人は 神様の作品として 神様に似た者として
神様に命を与えられて人生をスタートします

ですが 人は神様の手から離れたところで
たくさん傷付き また歪みます

そうやって たくさんの傷と歪みを背負って
神様の御前に出ようとする人を 神様は
大いに憐れみを持って抱きしめてくださいます

そして もし神様に全てを明け渡すなら
神様のイメージ通りに 再び
造り替えて頂くことが出来る

もし 神様が私に何かを与えようとされるなら
それが私に相応しいかを決めるのは私ではありません

ですが 人には自由意志が与えられています
神様が仰ることを信じて受け取るかどうかは自分です

もし 私がなにかをしようとして
神様が あなたには相応しくないと仰っても
それをやるかどうかを決めるのは私です

でも私は 神様が持つ私のイメージから
外れる生き方はしたくありません

神様のイメージから外れた道に
一体何の希望があるでしょう

神様のイメージの中を
神様と一緒に歩くこと

それが 人に元々与えられていた本来の姿であり
私はそのイメージ通りに生きたいと思います

ですが こう言えるのは私自身が
世においてとても傷付いてきたからかもしれません

この世において 自分の幸せを
見出せなかったからかもしれません

もし 世において良い思いをして生きて来たなら
神様の御手に委ねることはもしかしたら
難しいことだったかもしれません

ですが 神様は私を神様の
イメージ通りに造られました

貧しい者は幸いです。
神の国はあなたがたのものですから。

ここで言う 貧しい者というのは
お金がない貧困の者という意味ではなく
神様なしでは自分は生きることが出来ないと
思う人のことを指しています

「この世」において 神様以外に希望がなかったこと
それが何よりの恵みであったと思います

Pocket
LINEで送る